行こうぜ、東北。Ikouze TOHOKU

2017 初夏 ポスター撮影地

十和田~弘前へ 行こうぜ、東北。

「行くぜ、東北。」の2017年度最初のポスターの舞台は青森県。”十和田現代美術館”と川部駅~撫牛子駅間に架かる橋りょうで撮影を行いました。最初の「行こうぜ、東北。」では、初夏のポスター撮影地と併せて楽しめる、周辺のおすすめスポットをご紹介します。
「行くぜ、東北。」の世界を味わいながらめぐる東北初夏の旅を、ぜひお楽しみください。

七戸十和田駅

一つ目の撮影地・十和田市現代美術館へは東北新幹線の七戸十和田駅か八戸駅が最寄りとなります。そこからはタクシー・バス・レンタカーなどでの移動になるのですが、十和田に向かうのであれば七戸十和田駅の方がちょっと近いです。

住所:上北郡七戸町字荒熊内

十和田市現代美術館

ポスター紹介(1)
十和田市現代美術館にて(初夏1)

十和田市現代美術館にて(初夏1-1)

十和田市現代美術館にて(初夏2)

十和田市現代美術館にて(初夏1-2)

十和田市現代美術館では松岡さんの写っている方のポスターを撮影しました。
真っ白な建物は十和田市現代美術館の「アートのための家」。
現代アートを展示する建物と建物が、ガラスの廊下でつながっています。

2枚のポスターの撮影はここで行われました。
1枚は美術館の屋上にたたずむ松岡さんを美術館の端の方から広角に。
もう1枚は道路に面した広場で。こちらは再現しやすいので、お越しの際は是非ポスターを再現したような写真撮影に挑戦してくださいね。

草間彌生《愛はことしえ十和田でうたう》
チェ・ジョンファ《フラワー・ホース》

現代アートに興味がなくても楽しめる、刺激的でユニークな美術館。個々の展示室が独立して建てられていて、敷地内に分散して配置されています。アート作品に合わせた建築空間でゆっくりアート作品と向き合ってください。また、美術館周辺の通りでは、屋外アートも鑑賞できます。

住所:
十和田市西二番町10-9
連絡先:
0176-20-1127
アクセス:
JR七戸十和田駅から車で約20分

十和田バラ焼き

十和田に来たなら是非、食べてほしいのが「十和田バラ焼き」。昭和20年代、米軍払い下げの牛バラ肉を利用して作られるようになったと伝わるご当地グルメです。十和田市内にたくさんの店があります。

十和田バラ焼き

続いてもう一つのポスターの撮影地へ。東北新幹線の七戸十和田駅から新青森駅へ。
そして乗り換えて奥羽本線の終着駅である青森駅。ここから弘前方面へ向かいます。

ポスター紹介(2)

列車(初夏)

ポスター紹介(2)

岩木山の眺めを楽しみながらのどかな里を走る、奥羽本線の川部駅~撫牛子駅間が、列車のポスターの撮影地です。撮影地へ訪れるのならば撫牛子駅からの方が少し近いです。

こちらの橋りょうは奥羽本線が平川を跨ぐ地点に架かっています。平川は坂梨峠を水源とした一級河川。橋りょうの近くの土手からは橋りょうを駆け抜ける列車を見ることができます。

撫牛子駅の隣には弘前駅があります。
青森県内でも有数の都市である弘前の見どころの一つがレトロな洋館です。
市街のあちこちでハイカラな建造物を見ることができます。

弘前駅

青森駅からは約40分ほどで弘前駅に到着します。
弘前駅からは奥羽本線の他に五能線も利用できます。

住所:青森県弘前市大字表町1-1

青森銀行記念館

レトロな洋館の街・弘前を代表する明治時代建造の和洋折衷の洋館。名工・堀江佐吉によって建てられました。

住所:
弘前市元長町26
連絡先:
0172-33-3638
アクセス:
JR弘前駅からバスで約10分

旧弘前市立図書館

こちらも明治時代建造のルネッサンス様式の木造モルタルの洋館。
かつては市立図書館として利用されていました。

住所:
弘前市下白銀町2-1
連絡先:
0172-37-5505
アクセス:
JR弘前駅からバスで約15分

カトリック弘前教会

尖塔のあるロマネスク様式の聖堂。内部のステンドグラスが美しい明治時代建造の教会です。

住所:
弘前市百石町小路20
連絡先:
0172-33-0175
アクセス:
JR弘前駅からバスで約20分

弘前フレンチ

弘前でのご飯におススメしたいのがフレンチです。明治・大正時代の洋館が多く残る弘前は、洋風文化の取入れも積極的。人口比の割合では日本一フランス系の飲食店がある街と言われています。地元の食材を使った「弘前フレンチ」を味わってみてください 。

アップルパイ

デザートには是非アップルパイを。りんごの生産量日本一の街として知られる弘前。アップルパイだけが載ったガイドブックも発行しています。マップを片手にお気に入りを見つけてみませんか。

「行こうぜ、東北。」は、いかがでしたか?
この夏の旅はぜひ、魅力あふれる東北へお出かけくださいね。

  • びゅう
  • いこうぜ、東北。TOPへ