JR東京総合病院高等看護学園
学園案内 3年間のあゆみ 学生ページ アクセス Q&A 学生募集について 卒業生の皆さんへ
< トップページへ
学園案内
沿革
JR東京総合病院高等看護学園は、昭和25年に設立された都内でも有数の看護教育機関です。また、JR東日本唯一の看護師養成機関として、JR東京総合病院(前身は、明治44年開設・常盤病院)とともに、長い歴史と伝統を誇っています。以後、幾多の変遷を経て現在に至っています。
教育理念
 JR東京総合病院高等看護学園は、病院設立の基本理念およびJR東日本の精神を基盤とし社会のニーズ、医療の進歩にともなって、その要請に応じた看護を提供できる看護師を養成します。
 「看護の心を育てる」をモットーに、学生一人ひとりの個性を尊重した教育を行います。将来は看護師として誇りをもち、品性を高めるよう動機づけ、さらにJR東日本の社員としての素地を育てます。
校章の由来
校章  昭和26年5月12日ナイチンゲールの生誕日に、学生のデザインによる校章が制定され発表されました。看護を象徴するものとして、燭台が中央に配置されています。クリミヤの戦いにおいて、ナイチンゲールが燭台を捧げて傷病者を看とり、「ランプを持った婦人」と言われたことは有名です。
 形は正三角形です。三角の意義は二つあり、一つは看護の三要素と言われる「精神・技術・知識」を表し、もう一つは3年間の課程を表しています。
 色の意味するものは、コバルトブルー「高き理想」、ゴールド「プライド」、ホワイト「清純」です。
校歌
JR東京総合病院高等看護学園歌 燭台の光 作詞 星野守之助 作曲 中田喜直 一、鉄輪の とゞろくところ 人の世に 幸福あれと いと高き 任務にはげむ 同僚の 病める傷める なぐさめと 力とならん 力とならん 	二、燭台の 光をつたう 看護こそ われらが誇り 清純と 理想を胸に あいともに 知識と技術とを たゆみなく みがき進まん みがき進まん 	三、椎陰に 富士を仰げる 学舎は 愛にみちたり 故郷の わが家さながら 師を慕い 自治を守りて 睦みつゝ 希望 歌わん 希望歌わん
ページの先頭へ
学園の特徴
施設
JR東京総合病院の14階フロアーに学園があります。学窓からは新宿副都心や富士山が眺望できます。

学園玄関 ロビー 教室
実習室 学生ホール「パテオ」 図書室
学生数
1学年30名で、全校90名の学生が学んでいます。
通学に便利
最寄り駅はアクセスに便利なJR新宿駅です。学校は駅からは徒歩5分です。
学生寮
学生の修学支援として寮があります。
看護師国家試験の合格率

当学園の合格率
全国平均
100回(平成23年)
100% 91.8%
101回(平成24年)
100% 90.1%
102回(平成25年)
97% 88.8%
103回(平成26年)
100% 89.8%
104回(平成27年)
100% 90%
卒業生の進路
主な進路:JR東京総合病院、JR仙台病院
住所
東京都渋谷区代々木2-1-3
TEL 03-3320-2346(代表)
設置主体
東日本旅客鉄道株式会社
設立
昭和25年
ページの先頭へ