DPCデータに基づく病院情報の公表

平成27年度 JR東京総合 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 156 111 508 736 775 1121 1689 1851 1389 183
厚生労働省が全国の医療機関を対象に行った「平成26年患者調査の概況」によると、20床以上の病院の入院患者さまのうち、65歳以上の方は71.17%でした。当院では、65歳以上の患者さまは全体の51.19%であり、全国値と比較して、その比率は少ないと言えます。
幅広い年齢層の患者さまに対して、優れた技術と豊かな人間性を有する医療スタッフが最高水準の医療を提供すべく日々邁進しております。
また、地域のニーズにお応えするために、東京都から二次救急医療機関の指定を受けているほか、がん診療の充実にも積極的に取り組んでおります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099000x 脳梗塞(脳保護療法あり) 38 19.84 15.80 2.63% 72.76
010160xx99x00x パーキンソン病・パーキンソン症候群 31 20.26 19.00 0.00% 70.94
010230xx99x00x てんかん 24 8.46 7.03 0.00% 42.21
脳神経内科は脳、脊髄、末梢神経、筋肉に生じた疾患を診療する科で、診療の守備範囲はかなり広いものと言えます。その中で、日本人の死因4位で、要介護者が最も多い疾患である脳卒中は、当科が扱う疾患で最も高い比率を占めます。また、比較的高齢者を対象とするため、パーキンソン病などの変性疾患と併せ、平均在院日数もやや長いものとなっております。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸症候群 173 2.00 2.07 0.00% 48.06
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 152 19.94 20.63 0.00% 68.69
040080x099x0xx 肺炎・急性気管支炎 144 12.41 14.34 1.39% 64.17
運輸業企業病院として交通の安全を確保するため、積極的に睡眠時無呼吸症候群の管理診療に努めています。睡眠時無呼吸症候群は熟睡感の欠如から日中の傾眠傾向を呈します。また睡眠時無呼吸症候群が高血圧、高脂血症、糖尿病を誘発させたり悪化させるため早期発見ならびに管理は重要です。感染症としての肺炎は若年から高齢者まで多くみられる疾患で、当科は感染症にも精通しており外来・入院とも適切な治療を提供しています。また間質性肺炎は近年世間に広く知れ渡る疾患となっていますが、その診療には専門的知識を要します。当科は本疾患診療を極めて得意としており多数の患者さまが受診されております。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 虚血性心疾患 検査 90 3.69 3.07 0.00% 65.03
050050xx0200xx 虚血性心疾患 治療 81 4.53 4.87 0.00% 64.20
050050xx99200x 虚血性心疾患 検査(血管内超音波併施) 45 3.18 3.22 0.00% 68.73
循環器内科では主に心臓疾患・血管疾患を担当しています。狭心症や心筋梗塞などの慢性虚血性心疾患で、心臓カテーテル検査を目的として入院される患者さまが最も多く、次が経皮的冠動脈形成術を施行する患者さまです。3番目が心臓カテーテル検査時に血管内超音波検査なども施行する患者さまです。急性・慢性心不全、不整脈、大動脈瘤の患者さまの入院も多数あります。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx03xx0x 小腸・大腸の良性腫瘍(ポリープなど) 84 2.49 2.76 0.00% 61.85
060340xx03x00x 総胆管結石・胆管炎 66 7.94 10.93 3.03% 71.52
060102xx99xxxx 大腸憩室症・大腸憩室炎・大腸憩室出血 53 6.36 7.91 0.00% 62.64
消化器内科は消化管や、肝臓、胆嚢、膵臓などに対応する診療科です。大腸ポリープも大きなものは、安全性を重視して入院にて内視鏡治療を行っています。総胆管結石や胆管炎は、対応が遅れると致命的になることもありますが、必要時には緊急での内視鏡治療を行っています。大腸憩室症は近年我が国で増加していますが、それに伴う憩室出血や憩室炎の患者さまも増えています。
糖尿病・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 糖尿病 教育入院等 70 12.04 15.35 0.00% 60.59
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス - - 14.20 - -
糖尿病・内分泌内科では糖尿病を主として代謝・内分泌疾患を取り扱っています。入院診療は2型糖尿病の教育入院がメインで2週間入院を基本としていますが、1週間コースの設定もあります。1型糖尿病の診療も行っており、高血糖や低血糖による緊急入院にも対応可能です。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 新生児黄疸・新生児呼吸障害 62 5.87 6.17 14.52% 0.00
040080x1xxx0xx 肺炎・気管支炎等 23 4.87 5.72 4.35% 2.61
040100xxxxx00x 気管支喘息等 12 6.33 6.31 0.00% 1.75
小児科は、当院産科で年間500弱の分娩があるため、一定の頻度で発生する低体重出生児、呼吸障害、先天性心疾患に対応しています。外来からは、感染症やアレルギー特に気管支喘息の入院対応が多くみられます。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 39 6.79 8.97 0.00% 58.95
080011xx99xxxx 蜂窩織炎(蜂巣炎) 30 9.83 11.97 0.00% 53.27
080007xx010xxx 皮膚良性腫瘍等 12 3.08 4.38 0.00% 43.42
皮膚科は、乾癬、アトピー性皮膚炎、じんましん、尋常性疣贅(イボ)、鶏眼(ウオノメ)といった皮膚疾患を診療する科です。帯状疱疹や蜂窩織炎といった重症疾患に対しては、症状に応じて、入院加療も行っております。また、粉瘤、基底細胞癌などの皮膚悪性腫瘍に対しての手術も行っております。
脳神経脊髄外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010050xx02x00x 慢性硬膜下血腫 15 9.27 11.91 0.00% 75.87
160100xx97x00x 頭部外傷(手術あり) 11 20.64 10.02 0.00% 77.55
160100xx99x00x 頭部外傷(手術なし) - - 7.52 - -
脳外科は脳血管疾患(くも膜下出血、脳出血、脳梗塞など)、頭部外傷、脳腫瘍などを主に担当しますが、脊椎・脊髄疾患も扱っています。平成27年度に入院した患者件数は以下の通りでした。脳血管疾患:49(32%)、慢性硬膜下血腫:28(18%)、頭部外傷:24(16%)、脳腫瘍:19(12%)、脊椎・脊髄疾患:13(8%)、正常圧水頭症:6(4%)、その他:14(9%) 。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xx0x 下肢静脈瘤 11 4.73 3.46 0.00% 64.00
050080xx01010x 弁膜症 10 25.40 25.69 0.00% 65.90
050163xx02x1xx 大動脈瘤 - - 22.62 - -
静脈瘤はレーザー治療を新たに導入いたしました。僧房弁疾患の方には形成術を可能な限り施行しています。腹部大動脈瘤はステントグラフトによる治療も行っていますが治療指針に則り適応を決定しており、若年の方は人工血管置換術を施行しています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺悪性腫瘍 57 9.65 13.03 1.75% 65.63
040200xx01x00x 気胸 44 6.61 9.68 0.00% 27.59
040110xxxxx0xx 間質性肺炎等 生検 - - 20.63 - -
当科では肺及び縦隔の悪性腫瘍や自然気胸など殆どの胸部疾患を治療対象とし、全例に胸腔鏡を使用しています。特に肺癌や気胸に対しては患者さまへの手術の影響を最低限にとどめるように努力しており、その結果、肺癌及び自然気胸の患者さまの平均在院日数は全国平均より3日以上短くなっております。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x003xx0x 鼡径ヘルニア 67 4.60 4.96 0.00% 60.16
060335xx0200xx 胆のうポリープ・胆のう炎 52 7.60 7.84 1.92% 55.60
060150xx03xx0x 虫垂炎 41 5.17 5.56 0.00% 38.95
消化器外科では、急性虫垂炎 急性胆のう炎などの急性疾患から、膵臓がん、大腸がん、胃がんなどの悪性腫瘍まで幅広く診療しています。手術は、胆嚢炎、虫垂炎、鼠径ヘルニアについてもほぼ腹腔鏡で手術を施行しています。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳房悪性腫瘍 出術(腋窩部郭清あり) 65 9.85 11.63 0.00% 54.71
090010xx03x0xx 乳房悪性腫瘍 出術(腋窩部郭清なし) 10 8.10 6.79 0.00% 61.40
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 - - 4.23 - -
乳腺外科は主として乳癌の診断・治療を行っている科です。このため乳腺悪性腫瘍手術が多い手術となっています。良性乳腺腫瘍でも増大傾向が認められたり、悪性腫瘍と診断が困難な場合には手術を行うことがあります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
07040xxx01xx0x 大腿骨頭壊死・原発性股関節症等 252 24.10 24.95 0.00% 63.77
160620xx01xxxx 半月板・前十字靭帯等の損傷 70 15.01 11.98 0.00% 32.09
160800xx01xxxx 大腿近位骨折 50 42.82 28.70 40.00% 81.30
高齢化に伴い関節疾患や骨脆弱性骨折が増加しています。外傷では大腿骨近位部骨折はその代表例で、ほとんどの症例で早期機能回復のために手術が行われています。関節疾患では股関節・膝関節に対する人工関節全置換術により良好な機能回復が得られています。術後しっかりとリハビリを行っていただいているため在院日数がやや長くなっています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx97x0xx 乳房切除後の乳房再建術 等 - - 6.60 - -
080006xx01x0xx 皮膚悪性腫瘍 - - 10.49 - -
080070xx97xxxx 毛巣洞 - - 11.52 - -
形成外科では乳癌手術後の乳房再建を積極的に行っているため、乳房関連の手術が多くなっています。
麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx99x00x 脊柱管狭窄症による疼痛 13 3.00 11.00 0.00% 63.69
070350xx99xxxx 腰椎椎間板ヘルニアによる疼痛 - - 9.53 - -
麻酔科痛みセンターは、腰痛、各種関節痛、顔面痛など痛みを主訴とする疾患に対して、神経ブロック療法、薬物療法、レーザー治療等を用いて痛みを軽減する治療を行っています。また2泊3日で難治性腰痛に対して、硬膜外癒着剥離術も行っています。ペインクリニック専門医が担当します。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx02x0xx 子宮の良性・悪性腫瘍 67 2.90 3.39 0.00% 40.25
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 64 5.59 6.50 0.00% 36.70
120180xx01xxxx 胎児・胎盤機能の異常 53 10.43 9.94 0.00% 34.19
婦人科悪性腫瘍では、子宮頸部上皮内腫瘍に対するレーザー蒸散術・円錐切除術を中心に行っています。対象は30-40歳で年間平均で60-70件です。子宮頸癌・子宮体癌・卵巣癌、各浸潤癌に対する根治術は平均15-20件行っています。婦人科良性疾患では、子宮筋腫・卵巣嚢腫に対し主に腹腔鏡手術を行っています。平均年齢35歳前後と若年女性に対し低侵襲な手術療法を提供しております。平成27年度は手術件数100件に達しました。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 慢性扁桃炎・扁桃肥大 56 8.89 8.20 0.00% 29.43
030428xxxxxxxx 突発性難聴 32 8.53 9.60 0.00% 50.22
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 30 6.33 7.76 0.00% 48.20
耳鼻咽喉科は耳科学・鼻科学・咽頭・喉頭(扁桃を含む)疾患を扱う科です。入院患者さまは手術症例および抗生剤やステロイドなど点滴が必要な患者さまが中心となります。当院では主に頭頚部癌以外の疾患を対象に治療にあたっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障手術 1072 2.11 3.01 0.00% 73.05
020200xx9700xx 網膜硝子体手術 130 6.22 7.87 0.00% 66.68
020110xx99xxxx 白内障 手術後経過観察 52 2.25 2.72 0.00% 72.54
当科では、白内障手術・網膜硝子体手術を中心に手術を行っています。この他、入院施設を持たない他院での手術患者さまの手術後の経過観察も受け入れています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺がん 生検等 76 3.03 2.70 0.00% 66.92
11012xxx040x0x 腎・尿管結石症の体外衝撃波破砕術 50 2.04 2.89 0.00% 54.60
110070xx0200xx 膀胱がんの経尿道的手術 47 8.40 7.59 0.00% 68.85
泌尿器科では、前立腺癌、尿路結石、膀胱癌の患者さまが多くを占めています。渋谷区内や近隣地区の病院で泌尿器科を標榜している施設が少なく、検診や人間ドックでPSA高値を指摘されると、精査目的で来院される患者さまが多く、この場合、経直腸的前立腺針生検を施行します。そのため、前立腺癌患者数が増加しているのが特徴です。治療では手術以外の保存的治療(内分泌療法・放射線療法)を選択される患者さまが増えています。尿路結石に関しては、近隣の病院で結石治療の全ての種類を行える病院が少なく、そのため紹介が多いのが特徴です。中でも腎結石・上部尿管結石に対しては体外衝撃波腎・尿管結石破砕術を行っています。膀胱癌では近隣の診療所・病院より肉眼的血尿患者さまの紹介が増えており、精査を行うと高率に膀胱癌が発見されます。治療では経尿道的手術を第一選択としています。
血液・腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫(リツキサンによる化学療法) 39 18.64 17.69 0.00% 71.26
130010xx97x2xx 急性白血病 15 35.60 43.59 0.00% 56.93
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫(リツキサン以外による化学療法) 14 19.43 18.19 0.00% 67.00
1番目と3番目はいずれも非ホジキンリンパ腫です。最も多い1番目は抗癌剤にリツキシマブという抗体を併用して治療するB細胞性リンパ腫です。2番目に多いのは血液疾患の代表である急性白血病、3番目はリツキサンを使用しない抗癌剤治療を行う主にT細胞性リンパ腫です。
リウマチ・膠原病科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 19 17.05 18.15 10.53% 63.11
070470xx99x0xx 関節リウマチ 16 13.75 14.90 0.00% 68.25
040080x099x0xx 肺炎等 - - 14.34 - -
当科の入院で最も多いのは全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患であり、その内訳は成人発症ステイル病、リウマチ性多発筋痛症、全身性エリテマトーデス、血管炎症候群などです。関節リウマチの入院では、間質性肺炎や二次性アミロイドーシスなどによる臓器障害の管理も行っています。また、当科外来に通院中の患者さまが肺炎や気管支炎などの合併症を来した場合には、当院呼吸器内科と連携の上で入院診療を行っています。
救急総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
170020xxxxxx0x 急性薬物中毒 17 1.18 2.54 0.00% 34.47
030400xx99xxxx 前庭機能障害 13 2.46 5.31 0.00% 62.92
010230xx99x00x てんかん - - 7.03 - -
救急科は重症や担当科が決まらない症例、担当する該当科が手一杯の場合入院管理を行います。よって入院症例は小児から御高齢、精神科と多岐に渡っております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 39 12 - 12 - 10 1 7
大腸癌 12 22 23 25 - 22 1 7
乳癌 39 26 - - - 13 1 7
肺癌 60 18 67 103 23 78 1 7
肝癌 - 18 - - - 52 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は、東京都がん診療連携協力病院として、早期癌から進行癌まで幅広いがんの患者さまを受け入れて、診断から、手術療法、放射線療法、化学療法、緩和ケアまで切れ目のないがん診療を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 61 8.33 48.97
重症度 1 54 14.54 75.24
重症度 2 23 11.43 80.35
重症度 3 - - -
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
当院は間質性肺炎の診療を得意とする病院ですが、感染症の代表である肺炎の診療数がより多くなっております。市中肺炎の代表である肺炎球菌肺炎、マイコプラズマ肺炎が大半を占めますが、軽症レベルなら外来治療も可能で日常社会生活を守りながらの診療に配慮しています。また高齢者社会を反映して誤嚥性肺炎が多くなってきています。その際には肺炎管理だけでなく誤嚥対策にも踏み込んだ医療を提供しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - 15 3.53 61.73 0.00%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 73 33.90 72.05 6.85%
その他 16 38.44 75.69 12.50%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
脳神経内科は早期診断、早期治療、早期リハビリの実践により、ADL(日常生活動作)の障害や後遺症を最小限に止めるよう努めています。特に脳卒中については、超早期血栓溶解療法のような急性期医療から回復期リハビリテーションまでスムーズに移行させることができ、質の高い継続的な医療が可能です。さらに、高齢者の割合が多い実情から、入院期間が長期にわたるケースでは、医療連携室の協力を得て他院あるいは施設に紹介させて頂いております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
脳神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K620 下大静脈フィルター留置術 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
脳卒中後遺症や神経難病の患者さまには、飲み込みの障害で経口摂取のできない方がいます。誤嚥のリスクがあれば、とろみ食で介助しても肺炎を誘発する可能性が高く、致命傷になりかねません。従って、その代替法を検討せざるを得ず、ご本人やご家族の同意が得られれば、胃瘻造設を介した流動食の投与を選択肢としています。まれに、下肢の深部静脈血栓症で生じた血栓が肺塞栓症を引き起こさないよう予防する目的で、下大静脈フィルターを留置することもあります。
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5111 肺切除術(楔状部分切除) 12 4.25 24.42 0.00% 64.67
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
肺癌で手術可能な例の多くは胸腔鏡下手術が可能となっており、呼吸器外科に依頼しております。また原因不明な間質性肺炎も多いため、正確な診断ならびに治療法決定を目的として胸腔鏡下肺生検を呼吸器外科に依頼しています。専門医による病理診断を得たうえで、きめ細かな医療を患者さまに提供することを心掛けています。植込型カテーテルとは血管が細くて点滴治療が難渋する方の疼痛や心労を軽減するために工夫されたものです。手術は外科に依頼しており安全に施行できます。本法の導入により患者さまは点滴が入らなくて何度も刺入される事態から解放されます。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 77 1.90 6.03 1.30% 65.10
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 22 2.86 2.32 0.00% 60.05
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 18 2.67 2.44 0.00% 65.94
循環器内科において最も件数が多い手術は、狭心症や心筋梗塞の患者さまに対する経皮的冠動脈ステント留置術です。待機的手術が多いですが、緊急時には24時間いつでも対応が可能です。通常の入院期間は3日です。2番目と3番目は心房細動・心房粗動・上室頻拍・心室頻拍などの頻脈性不整脈に対する経皮的カテーテル心筋焼灼術(カテーテル・アブレーション)です。その他、ペースメーカー移植術なども多数行っております。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 64 0.88 1.73 0.00% 64.39
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 62 2.55 10.87 8.06% 73.63
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 27 1.00 5.89 0.00% 73.19
消化器内科は消化管や、肝臓、胆嚢、膵臓などに対応する診療科であり、内視鏡治療をメインに行っています。大腸ポリープも大きなものは、安全性を重視して入院にて内視鏡治療を行っています。総胆管結石や胆管炎は、対応が遅れると致命的になることもありますが、必要時には緊急での内視鏡治療を行っています。早期胃癌に対しては、粘膜下層剥離術ESDという手技で根治性の高い内視鏡治療を行っています。いずれの内視鏡治療も侵襲的なものであり、安全性を第一に心がけています。
糖尿病・内分泌内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) - - - - -
K006-41 皮膚腫瘍冷凍凝固摘出術(長径3cm未満の良性皮膚腫瘍) - - - - -
当科では糖尿病患者さまの疾患を総合的に拝見しているため、手術が必要な症例に対しては他の診療科と連携して治療を行っております。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上) - - - - -
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - - - -
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) - - - - -
粉瘤、色素性母斑といった皮膚の良性腫瘍や陥入爪の手術(フェノール法)など日帰りでできる手術から、基底細胞癌、ボーエン病といった皮膚癌の手術(ただし、リンパ節廓清を伴わないもの)も行っています。また、症状により、短期入院しての手術も行っております。
脳脊髄神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 26 0.23 8.69 0.00% 75.85
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
スタッフは他の急性期病院で手術経験を積んできていますので、特別なものを除けば大抵の手術は可能ですが、適宜東大病院等に紹介することもあります。良性脳腫瘍の代表でもある髄膜腫の開頭脳腫瘍摘出術では、最近連続10例の術後在院日数は10〜66日で、中央値(平均値)は 15(21) 日でした。皆、独歩退院しています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-2 大伏在静脈抜去術 10 1.60 2.20 0.00% 64.90
K5551 弁置換術(1弁) - - - - -
K5607 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(その他)) - - - - -
大動脈瘤の患者さまはご高齢でも治療後の入院が短期間となるステントグラフトでの治療をまず検討しております。緊急での治療が必要な患者さま、重篤な合併症を有する患者さまの治療では入院期間が長くなってしまうことがあります。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 48 2.65 2.90 0.00% 29.10
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 42 2.10 7.55 2.38% 63.95
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 15 1.53 5.07 0.00% 68.40
当科では手術に伴う入院日数を極力短くするために、外来通院で可能な検査は手術数日前には済ませており、予定手術の患者さまの入院は原則的に手術前日としております。また、術式を工夫して患者さまへの手術の影響を減らしており、術後の在院日数も短くなっています。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 99 2.37 5.47 1.01% 56.93
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 71 1.04 2.55 0.00% 60.86
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 41 0.49 3.68 0.00% 38.95
手術の術式で見ると、胆石、鼠径ヘルニア、急性虫垂炎などほとんどの症例を腹腔鏡で行っています。その他、結腸癌手術など消化管悪性腫瘍の手術も多くは腹腔鏡で行っています。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) 39 2.56 5.56 0.00% 52.59
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 26 2.58 7.35 0.00% 57.88
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 10 2.60 4.50 0.00% 61.40
乳腺外科は主として乳癌の診断・治療を行っている科です。このため、乳腺悪性腫瘍手術が手術の主なものとなります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股) 343 2.46 22.69 0.30% 66.12
K0462 骨折観血的手術(前腕) 52 3.04 14.00 1.92% 54.65
K0473 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 49 1.18 1.96 0.00% 47.00
整形外科の手術の多くは入院で行われていますが、全身麻酔を要さない手術に関しては外来手術も行われています。関節疾患と骨折に対する手術が多く行われています。骨折に対して内固定材による骨接合手術が行われた場合、骨癒合後に骨内異物除去術が行われることもあります。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) - - - - -
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
K753 毛巣洞手術 - - - - -
手術総数では外来での局所麻酔手術が大多数を占めるため、全身麻酔下での手術の絶対数は少なめとなっています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 71 1.44 3.69 0.00% 36.97
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 47 1.94 8.34 0.00% 34.13
K867-4 子宮頸部異形成上皮レーザー照射治療 46 0.96 0.02 0.00% 38.76
腹腔鏡手術は若年女性に対する低侵襲手術で、卵巣良性腫瘍では5日間、子宮筋腫では約1週間の入院としています。帝王切開術は選択的帝王切開、緊急帝王切開を含め年間平均80件を行っており、入院期間は約10日間です。帝切率は平均19-20%です。子宮頸部上皮内腫瘍に対するレーザー蒸散術は1日入院、円錐切除術は4日間入院としています。治癒率は平均90-95%です。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 58 1.14 6.72 0.00% 29.95
K347 鼻中隔矯正術 19 1.00 4.00 0.00% 36.42
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 13 1.00 4.31 0.00% 54.92
手術の患者さまは全身麻酔下の手術の患者さまが対象です。扁桃腺手術が多いですが他に鼻・耳・咽頭・喉頭の手術を行っています。鼻の手術はナヴィゲーションで操作部位を確認して内視鏡で手術を安全に行っています。耳科手術に関しても内視鏡を用いて低侵襲に手術を行っています。鼓膜穿孔に関しては外来処置で閉鎖できない症例に対して手術を行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 1064 0.12 1.02 0.00% 73.04
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 194 0.75 4.34 0.00% 66.12
K281 増殖性硝子体網膜症手術 28 0.79 6.11 0.00% 53.50
当科では、白内障手術・網膜硝子体手術を中心に手術を行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 50 0.04 1.00 0.00% 54.60
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 47 1.49 6.47 0.00% 69.34
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 37 1.14 1.27 0.00% 52.19
渋谷区内や近隣地区の病院で泌尿器科を標榜している施設が少ないため、尿路結石や尿路癌の精査・治療目的の依頼が多いのが特徴です。腎結石や上部尿管結石に対しては、まず、体外衝撃波腎・尿管結石破砕術を行っています。これで破砕できなかった症例や下部尿管結石、膀胱結石に対しては、侵襲の少ない経尿道的尿路結石除去術を行っています。砕石にはホルニュウムヤグレーザーを使用し、更に侵襲を少なくし、確実に砕石できるようにしています。体外衝撃波腎・尿管結石破砕術は手術当日に入院し、平均術後日数は1.00日です。経尿道的尿路結石除去術の平均術前日数は1.14日、平均術後日数は1.27日です。膀胱悪性腫瘍手術は侵襲の少ない経尿道的膀胱手術を行っています。そしてさらに侵襲の少ない電解質溶液を使用する経尿道手術を行っています。平均術前日数は1.49日、平均術後日数は6.47日です。
血液・腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) - - - - -
K620 下大静脈フィルター留置術 - - - - -
1番目に多いのはリンパ節摘出術で腫れているリンパ節を摘出してリンパ腫の診断をつけます。2番目は造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)で主に多発性骨髄腫の患者さまに対する自家移植のための造血幹細胞を取り出します。3番目に多い下大静脈フィルター留置術では長期臥床などのために血栓ができた場合にこれが脳や心臓の血管を詰まらせないためのフィルターを入れます。
リウマチ・膠原病科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0661 関節滑膜切除術(膝) - - - - -
K714 腸閉塞症手術(腸管癒着症手術) - - - - -
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 - - - - -
当科では手術が必要な症例に対しては他の診療科と連携して治療を行っております。上記は他科に転科した症例であり、直接関与した以外の実績を含んでいます。
救急総合診療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 - - - - -
K0462 骨折観血的手術(前腕) - - - - -
各科と連携を取りながら、様々な手技を行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 10 0.11%
異なる 18 0.21%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 66 0.75%
異なる - -
当院では、敗血症や播種性血管内凝固症候群のような重症疾患は年間30例ほど治療を行っています。また手術、処置などの合併症は全入院患者の0.75%に認められました。
更新履歴
2016年9月30日
「DPCデータに基づく病院情報の公表」ページを公開