泌尿器科

特色

泌尿器科の担当する疾患としては、腎臓・副腎・尿管・膀胱・尿道、そして男性臓器として前立腺・精嚢・精管・精巣・精巣上体に生じる尿路系疾患を対象として診療・治療を行っています。

疾患と治療法

◇泌尿器系癌
腎癌・副腎癌・腎盂尿管癌・膀胱癌・前立腺癌・精巣癌に対する手術、抗癌剤化学療法や放射線療法による集学的治療を行っています。

◇尿路結石
体外衝撃波結石破砕術(ESWL:麻酔の必要のない最新のSIEMENS MODULARIS Valiostar導入)や経尿道的結石破砕術(TUL:細径尿管鏡を導入し、最新の破砕機器であるリソクラストやレーザを使用)により、患者さまに対し侵襲が少なく、単回の手術で確実に破砕することを目指しています。

◇前立腺肥大症
経尿道的内視鏡手術(TURis)、尿道内ステント留置術を行い、患者さまの年齢や基礎疾患などにより適応を決めています。

◇尿失禁
内服による保存的治療を行っています。尿道つりあげ術などの手術療法の場合には、大学病院等の専門医に御紹介いたします。

◇尿路感染症
腎盂腎炎・膀胱炎・前立腺炎・精巣上体炎・尿道炎(特に性感染症:STD)の治療。

◇結節性硬化症
当科では結節性硬化症に伴う腎血管筋脂肪腫をはじめとした腎病変の精査、加療、経過観察を積極的に行っています。
腎血管筋脂肪腫に対するエベロリムス(アフィニトール)による治療(保険診療)を開始しました。

◇小児泌尿器疾患
当科では小児仮包茎に対する包皮翻転指導を行っています。
乳幼児期に包皮を少しずつ剥離することにより、手術することなく包茎を治療いたします。

当科で可能な主要な検査・治療

膀胱鏡検査      
経静脈性脊盂造影検査
超音波検査      
逆行性脊盂尿管造影検査
尿流量測定検査    
逆行性尿道造影検査
尿流動態検査     
前立腺生検

スタッフ紹介

役職・医師名 得意な分野 認定等
副院長 遠藤 勝久えんどう かつひさ
遠藤 勝久
泌尿器科一般
性感染症
日本泌尿器科学会専門医
日本泌尿器科学会指導医
担当部長 波多野 孝史はたの たかし
波多野 孝史
進行性腎細胞癌に対する分子標的薬治療
結節性硬化症の伴う腎病変の精査・加療
日本泌尿器科学会専門医、指導医
日本癌治療認定医
日本がん癌治療認定医機構がん治療認定医、暫定教育医
腹腔鏡下小切開手術施設基準医
副医長 森 啓一郎もり けいいちろう 泌尿器癌一般 泌尿器専門医

診療情報等を用いた研究のお知らせとお願い