脳脊髄神経外科

脳脊髄神経外科の外来担当医表はこちら

特色

脳脊髄神経外科は外科的治療を要する可能性のある神経疾患を扱う診療科で、頭蓋内、脊椎・脊柱管内、頸部頸動脈の病変を手術対象としています。脳卒中(脳血管疾患)、脳腫瘍、頭部外傷、脊椎・脊髄疾患など脳外科一般を診療しています。脊椎疾患を扱わない脳外科もありますが、当科では脊椎変性疾患、特に頸椎変性疾患や腰部脊柱管狭窄症も積極的に診療しています。ナビゲーションシステムStealth Station®TREON®plus、手術用顕微鏡Zeiss OPMI® Pentero® 、ルーペなどを使って安全な手術を心がけています。一例いちれい丁寧に診療に当たることをモットーとしています。
 当科は東大脳神経外科の研修/関連施設の一つであり、必要に応じて他病院の医師を応援に呼んだり、他病院に紹介したりしています。

日々の臨床の一端を第79回渋谷区医師会JR東京総合病院合同研修会で紹介させて頂きました。→スライドを見るPDF[2.4MB]

疾患

◇脳卒中(脳血管疾患):クモ膜下出血、脳出血、脳梗塞、脳動静脈奇形など。
◇脳腫瘍:髄膜腫、聴神経腫瘍、下垂体腫瘍、神経膠腫など。
◇頭部外傷:外傷性脳内血腫、急性硬膜下血腫、急性硬膜外血腫、慢性硬膜下血腫など。
◇脊椎・脊髄疾患:頸椎変性疾患(変形性頸椎症、頸椎椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症)、腰部脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管内腫瘍など。
◇その他:正常圧水頭症、三叉神経痛、顔面けいれんなど。

当科で可能な主要な検査・治療

CT、CTアンギオ、MRI、MRA、脳血管撮影(DSA)、脳血流検査(SPECT)、頸部頸動脈エコー検査など。もちろんCTはいつでも撮れます。
 いわゆる開頭手術、穿頭慢性硬膜下血腫ドレナージ術、脳室腹腔シャント術など以外に、脊椎手術、脊髄刺激療法(SCS)、脳梗塞に対する rt-PA 治療なども行っています。脳血管内治療は東大病院などに勤務している医師が行っています。

スタッフ紹介

役職・医師名 得意な分野 認定等
部長 羽井佐 利彦はいさ としひこ
羽井佐 利彦
脳血管障害
脳腫瘍
脊髄脊椎外科
日本脳神経外科学会専門医
日本脊髄外科学会認定医
日本脳卒中学会専門医
医学博士 →詳細を見る
医長 池田 律子いけだ りつこ
池田 律子
脳外科一般
頭痛
日本脳神経外科学会専門医
医学博士

当科の歩み

当科の歴史は、東京大学外科学第1講座教授であった清水健太郎(1903-1987年)が昭和38年東大を定年退官し当院に赴任したことに始まっています。清水は昭和23年に初めて創設された日本脳・神経外科研究会のメンバーであり、わが国の脳神経外科を創ったパイオニアの一人です。当院における最初の開頭術は、昭和38年6月10日清水により執刀された慢性硬膜下血腫の摘出術でした。東京大学外科学第1講座が脳神経外科学講座と改称されたのが昭和38年4月で、脳神経外科が医療法での診療科目として独立したのが昭和40年ですから、全国的にみてもかなり早い時期に脳神経外科が正式に発足した方でしょう。最近では、元部長の滝沢利明が当院でレーザーメスの開発に取り組み、その過程はNHKのプロジェクトXという番組で平成13年10月9日に放送され紹介されました。