四季の美 五ツ星。北陸新幹線

その土地でしか味わえない旬の食材との出会いは、旅の歓びを大いに深めてくれるもの。
北陸・信越に本格的な寒さが訪れる頃、一年でいちばん贅沢な季節がはじまります。
豊かな海が育んだ、新鮮な海の幸。険しい山々が育んだ、滋味あふれる山の幸。
自慢の逸品で訪れる人をもてなす人の幸もまた、最高のご馳走です。
舌も、おなかも、そして心も満たされる冬の北陸・信越の旅を、ぜひご堪能あれ。

長野県

滋味にほれぼれ、山の肉。

信州ジビエ

ジビエ(gibier)とは、フランス語で狩猟によって捕獲された野生の獣や鳥の肉のこと。ヨーロッパでは高級食材として人気があり、スウェーデンのストックホルムで開催されるノーベル賞受賞者の晩餐会では、メインディッシュに鹿肉が供されることでも有名です。豊かな自然に恵まれた長野県でも、ジビエは食文化のひとつとして受け継がれてきました。イノシシ、鹿、野ウサギをはじめ、ヤマバト、マガモ、キジ、コジュケイなどの鳥類も多く、近年では「信州ジビエ」としてブランド化され、県内外のレストランで美味しいジビエ料理を味わうことができます。特に鹿肉は、高タンパクで低脂肪、しかも鉄分やカルシウムが豊富に含まれており、ヘルシーフードとして女性にも人気。「山の肉」として親しまれてきた滋味深い味わいを、ぜひ堪能してみてください。

  • 鴨のロースト

    鴨のロースト

  • 牡丹鍋

    牡丹鍋

  • かまくらの里 のろし鍋

    かまくらの里 のろし鍋

    豊富な積雪量を誇る飯山市信濃平の「かまくらの里」。毎年冬の約1ヵ月間、雪でつくられたかまくらの中で、名物の「のろし鍋」を食べることができます。地元の食材がふんだんに使われた鍋の豊かな味わいに、身も心も温まります。

    開催日時:
    平成30年1月下旬〜2月下旬
    アクセス:
    JR飯山駅より車で約20分
  • ファットバイク

    ファットバイク

    ファットバイクとは、雪上での走行も可能な極太タイヤの自転車のこと。雪化粧した信越自然郷の山々を望みながら、新感覚のサイクリング体験をお楽しみください。JR飯山駅構内にある「信越自然郷アクティビティセンター」でレンタルできます。

    アクセス:
    JR飯山駅構内1階
  • 野沢温泉の道祖神祭り

    野沢温泉の道祖神祭り

    日本三大火祭りのひとつに数えられる伝統の火祭り。たいまつで社殿に火をつけようとする村民と、つけさせまいとする厄年の男たちとの戦いは圧巻。攻防戦の最後には社殿に火が入れられて炎が燃え上がり、祭りは最高潮に達します。

    開催日時:
    平成30年1月15日(月)
    アクセス:
    JR飯山駅よりバスで約25分
  • 地獄谷野猿公苑

    地獄谷野猿公苑

    世界で唯一温泉に入るサルがいると言われる、地獄谷野猿公苑。地獄谷の名は、急峻な崖と、いたるところから立ち上る温泉の湯気に由来しますが、サルたちにとってはまさに楽園。ニホンザルの興味深い生態を間近で観察できます。

    アクセス:
    長野電鉄湯田中駅よりバスで約15分、下車徒歩約35分
    またはJR飯山駅よりバスで約35分、下車徒歩約35分
長野県 関連旅行商品のご紹介
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品

新潟

まるまる食す、冬の醍醐味。

糸魚川あんこう

「東の鮟鱇(あんこう)、西の河豚(ふぐ)」と並び称される、冬の代表的な味覚「あんこう」。今ではすっかり高級魚としてのイメージがありますが、糸魚川の人びとにとっては馴染み深い大衆魚で、古くから冬の郷土料理として親しまれています。あんこうは歯以外は捨てるところがないと言われ、ほとんどの部分を食べることができるのが特徴。柳肉(大身)・皮・肝・エラ・ひれ(トモ)・卵巣(ぬの)・胃の7部位を、俗に「あんこうの七つ道具」と呼びます。ぶつ切りにしたあんこうを豆腐とネギといっしょに煮て、味噌で味付けした「あんこう汁」が冬の糸魚川の定番料理。もちろんポン酢に紅葉おろしでさっぱりといただく「あんきも」も文句なしの美味しさ。冬の日本海の荒波に揉まれてまるまると太った絶品あんこうが、あなたの訪れを待ちわびています。

  • あんこうの肝

    あんこうの肝

  • あんこうの唐揚げ

    あんこうの唐揚げ

  • 笹寿司

    笹寿司

    笹寿司は、笹の葉の上に寿司飯を盛り、具材や薬味をのせた郷土料理。ワラビ、タケノコ、ゼンマイなどの山菜のほか、クルミ、ニンジン、ヒジキ、油揚げなどが使われ、笹のさわやかな香りが食欲をそそります。

  • 糸魚川荒波あんこう祭り

    糸魚川荒波あんこう祭り

    糸魚川の冬の味覚「あんこう」を楽しむイベントが、糸魚川市内の3ヵ所で行われます。迫力満点のあんこうのつるし切りや、大鍋あんこう汁の販売、海鮮網焼きなど、各会場で楽しい催しが用意されています。

    開催日時:
    糸魚川会場:平成30年1月21日(日)、能生会場:平成30年1月28日(日)、青海会場:平成30年2月4日(日)
    アクセス:
    糸魚川会場:JR糸魚川駅前、能生会場:えちごトキめき鉄道能生駅より車で約5分、青海会場:えちごトキめき鉄道親不知駅より徒歩約5分
  • 十日町雪まつり

    十日町雪まつり

    「雪を友とし、雪を楽しむ」という地元住民の想いから生まれた十日町雪まつり。市民の手による芸術性の高い雪像や、すべて雪で作られたステージで繰り広げられる「雪上カーニバル」など、真冬の十日町を彩る一大イベントです。

    開催日時:
    平成30年2月16日(金)〜18日(日)
    アクセス:
    2月17日(土)の雪上カーニバル会場:JR飯山線十日町駅より
    徒歩約25分、その他市内各ひろば巡回バスあり
  • つなん雪まつり

    つなん雪まつり

    日本有数の豪雪地帯、新潟県津南町で行われる「つなん雪まつり」。スノーモービル体験や雪中宝探しなど、豪雪地ならではの体験に加えて、夜空にランタンを打ち上げる「スカイランタン」で幻想的な雰囲気を堪能できます。

    開催日時:
    平成30年3月10日(土)
    アクセス:
    JR飯山線津南駅よりシャトルバスで約25分
新潟 関連旅行商品のご紹介
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品

富山

とれたてキトキト、富山湾の出世魚。

ひみ寒ぶり

富山湾北西部に位置する氷見(ひみ)は、能登半島に抱かれた好漁場として発達した漁業の町です。11月中旬から12月にかけて、富山湾に天を裂くような雷鳴が轟き、日本海は大しけとなります。「ぶり起こし」と呼ばれるこの風雪をともなう荒天が、北海道からやってきたブリの南下を妨げ、氷見に豊漁をもたらすのです。定置網から水揚げされた寒ブリは、沖で生きたまま水氷に浸けられて港にやってくるため鮮度抜群。弾けるような食感は天然ならではのものです。成長とともに呼び名が変わる「出世魚」で、縁起の良い魚として大切にされてきたブリ。近年は、出荷基準を定めて「ひみ寒ぶり」としてブランド化されています。冬ならではの海の恵みを、ぜひ現地で味わってください。

  • ブリの刺身

    ブリの刺身

  • ブリ大根

    ブリ大根

  • 富山湾鮨

    富山湾鮨

    天然の生け簀と称される富山湾。暖流と寒流が流れ込み、多種多彩な魚がとれる水産資源の宝庫です。漁場と漁港が極めて近いので、ネタの鮮度がとにかく抜群。富山を訪れた人だけが味わうことのできる最高の寿司を、ぜひご堪能ください。(富山県内の約55店にて提供)
    詳細は「富山湾鮨」で検索

  • 新湊(しんみなと)漁港の昼セリ

    新湊(しんみなと)漁港の昼セリ

    新湊漁港では、通常の魚市場で行われている早朝のセリだけでなく全国的に珍しい昼セリも行われています。この時期になると、セリ場の床に深紅の絨毯を敷いたように並ぶベニズワイガニを見ようと多くの人が来場します。新湊きっときと市場のレストランではベニズワイガニと白えびの紅白丼や、朝獲れの魚介類をつかった料理を味わえます。
    ※見学には事前予約が必要です。見学は無料です。

    開催日時:
    年中開催(休業日:日曜日・水曜日)
    アクセス:
    万葉線東新湊駅より徒歩約5分
    電話番号:
    0766-84-1233(新湊きっときと市場)
  • 五箇山菅沼合掌造(すがぬまがっしょうづく)り集落ライトアップ

    五箇山菅沼合掌造(すがぬまがっしょうづく)り集落ライトアップ

    世界遺産・五箇山の「菅沼合掌造り集落」のライトアップは、幻想的なふるさとの原風景を体感することのできる貴重な機会。四季を通じて開催されているので、季節ごとに様々な表情を見せてくれるのも魅力的です。

    開催日時:
    平成30年3月毎週金曜日・土曜日 日没から20:00まで
    アクセス:
    JR新高岡駅より世界遺産バスで約80分、またはJR城端線城端駅より世界遺産バスで約40分、菅沼下車
  • 環水公園(かんすいこうえん)ウィンターファンタジア

    環水公園(かんすいこうえん)ウィンターファンタジア

    富山駅北の富岩運河環水(ふがんうんがかんすい)公園で、光と音楽による冬の祭典「環水公園ウィンターファンタジア」が開催されます。2月10日(土)には、音楽に合わせて約1,000発の花火が打ち上がり、水辺を美しく彩ります。

    開催日時:
    平成30年2月10日(土)〜11日(日・祝)、2月24日(土)〜25日(日)
    アクセス:
    JR富山駅より徒歩約9分
富山 関連旅行商品のご紹介
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品

石川

脂のりのり、白身のトロ。

のどぐろ

体は赤いのに、「のどぐろ」とはこれ如何に―。一般的な名称は「アカムツ」。しかし口を開けてのぞくと喉の辺りが黒いことから、日本海側では「のどぐろ」と呼ばれています。さらにムツではなくスズキ科に属しているという、食べる前から何ともユニークな魚です。石川県では加賀や能登などの漁港で水揚げされますが、全国的にも水揚げ量が少なく、幻の高級魚とも言われています。白身魚ですが上品な脂がたっぷりとのり、その味は「白身のトロ」の異名を持つほど。旬になると体脂肪率が20%を超えると言われる身はクセがなく、塩焼きや煮付けは皮目を割るとたちまちほぐれ、脂がこぼれ落ちる極上の美味しさ。石川での旅の途中、幸運にものどぐろが食べられるお店を見かけたら、迷うことなく暖簾をくぐるのが正解です。

  • のどぐろの刺身

    のどぐろの刺身

  • のどぐろの塩焼き

    のどぐろの塩焼き

  • 香箱(こうばこ)カニ面寿し作り体験

    香箱(こうばこ)カニ面寿し作り体験

    香箱ガニは、北陸で獲れる雌のズワイガニのこと。金沢・ひがし茶屋街の「金澤寿し」では、香箱ガニを使ったカニ面寿し作り体験ができます。美味しいカニを味わいながら、金沢の食文化に触れる贅沢なひとときをどうぞ。

    開催日:
    10月15日(日)から平成30年3月中旬頃まで ※前日までに要予約
    開催時刻:
    11:00・12:00・13:00(約1時間)
    料金:
    2,700円(税込)※お持ち帰りはできません。
    アクセス:
    JR金沢駅よりバスで約10分、橋場町下車徒歩約5分(ひがし茶屋街)
  • 特別イベント「七尾湾 能登かき祭」

    特別イベント「七尾湾 能登かき祭」

    小粒ながら肉厚で、味も風味も良く、甘みが多いのが特徴の「能登かき」。早朝に水揚げされた新鮮な能登かきを、全長100m超の炉端コーナーでご賞味ください。かき飯、カキフライ、地元特産品等も販売しています。

    開催日時:
    平成30年2月24日(土)~25日(日)
    アクセス:
    のと鉄道能登中島駅より無料シャトルバスで約3分
  • 橋立漁港かにガイド

    橋立漁港かにガイド

    加賀・橋立港で水揚げされる「加能ガニ」は、美味しさ、こだわりともに一級品。その美味しさの秘訣とも言える漁や選別などのこだわりを、底曵網船船主の店「マルヤ水産」で、大量の活ガニの目の前でガイドします。
    ※別途有料にてカニをお召し上がりいただくこともできます。

    開催日時:
    平成30年1月〜3月(休業日除く)
    アクセス:
    JR北陸本線加賀温泉駅より車で約15分、または加賀周遊バス「キャン・バス」海まわりで約30〜60分、「橋立漁港前」バス停下車徒歩約1分
  • 山中温泉 カニ汁大鍋の振る舞い

    山中温泉 カニ汁大鍋の振る舞い

    加賀温泉郷にある山中温泉で、冬の風物詩「カニ汁大鍋の振る舞い」が開催されます。監修は、山中温泉出身の料理人・道場六三郎氏。こだわり食材をつかったカニ汁を山中漆器で味わう味の豊かさに、心の中まで温まります。

    開催日時:
    11月1日(水)〜平成30年3月31日(土)まで
    料金:
    1杯300円(税込)
    アクセス:
    JR北陸本線加賀温泉駅より車で約20分、または加賀周遊バス「キャン・バス」山まわりで約30分、「山中温泉菊の湯・山中座」下車すぐ前
石川県 関連旅行商品のご紹介
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品

福井

うまさ堂々、冬の味覚の王者。

越前がに

「越前がに」とは、福井県で水揚げされた雄のズワイガニのこと。明治時代から皇室に献上されている唯一のかにで、まさにトップブランドです。全国に数あるかにの産地の中でも群を抜く、越前がにの美味しさ。その理由のひとつは、越前海岸の地形にあります。越前岬沖の海底は150m、200mと階段状になっており、海の生き物たちが住みやすい環境になっているため、越前がにもここで豊富なエサを食べ、殻の中身がぎゅっと詰まった極上のかにに育つのです。脚に付けられた黄色いタグは、福井県が誇る正真正銘の越前がにである証し。タグには水揚げされた漁港の名前が刻印され、一度使うと二度と使えないような構造で漁業協同組合と漁業者の間で厳重に管理されています。福井のプライドとも呼べる冬の味覚の王者に、ぜひ真剣勝負を挑んでみてください。

  • カニ鍋

    カニ鍋

  • カニの刺身

    カニの刺身

  • 日本海さかな街(まち)

    日本海さかな街(まち)

    敦賀(つるが)港直送の魚介が並ぶ鮮魚店や飲食店が70店舗集結している、日本海側最大級の海鮮市場。威勢のいい売り子の声が響き渡る場内で、お土産を選んだり、新鮮な美味しさを味わったり、時間が過ぎるのを忘れて楽しめます。

    アクセス:
    JR北陸本線敦賀駅より「ぐるっと敦賀周遊バス」で約10分、「日本海さかな街」下車
  • 若狭ふぐ

    若狭ふぐ

    ふぐの王様とらふぐ。福井では「若狭ふぐ」というブランドで出荷され、県内外から高い評価を受けています。旬は毎年11月から3月。若狭ふぐは身が締まり、旨みを十分に蓄えており、ひと味もふた味も違う美味しさを求めて、多くの食通たちが若狭を訪れます。

    アクセス:
    敦賀市、美浜町、若狭町、小浜市、高浜町の各店
  • 越前がにミュージアム

    越前がにミュージアム

    福井が誇る逸品「越前がに」専門のミュージアム。越前がにや近海の魚たちの神秘を遊びながら学べる体験施設として、遊歩道やシアター、絵画水族館など楽しさがいっぱい。ミュージアム入り口の巨大な越前がには必見です。

    開催日時:
    JR北陸本線武生駅より福鉄バスで約65分、道の駅「越前」下車すぐ
  • 越前水仙の里公園

    越前水仙の里公園

    越前水仙の発祥地として、また群生地としても名高い旧越廼(こしの)村にある公園。1年中水仙の花と香りが楽しめる「水仙ドーム」があるほか、「越廼ふるさと資料館」では、越廼地区の歴史や文化を楽しく学べます。

    アクセス:
    JR福井駅より京福バスで約60分、「越前水仙の里」下車すぐ
福井県 関連旅行商品のご紹介
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品

びゅうで行く、冬の北陸旅行