四季の美 五ツ星。北陸新幹線

日本の秋を語る上で、紅葉を外すことはできません。
万葉集の時代から多くの人々がこの季節を心待ちにし、歌にまで詠み、その美しさを愛してきました。
四季の彩り豊かな北陸・信越エリアにも、人気の紅葉スポットが多く点在。
赤や黄色の錦を纏ったような山々や水辺の景色、苔むした境内を赤く染める散紅葉、
庭園に広がる優美な紅葉など、ドラマチックな情景が至るところで展開されています。
風に秋の訪れを感じたら、旅支度の合図。素晴らしい出会いが、あなたを待っています。

長野県

こんな日本があったのか。平家落人伝説の残る秘境。

秋山郷

栄村

長野県の最北端に位置する栄村。苗場山と鳥甲山という2,000m級の山々に挟まれた山間地域で、約20kmにおよぶ中津川渓谷沿いに点在する集落を総称して「秋山郷」と呼んでいます。豪雪地帯でもあったことから独特の習慣が残されており、人々は古くからの営みをいまに伝えながら暮らしています。おすすめの紅葉スポットは、大迫力の柱状節理の絶壁岩とのコントラストが見事な布岩周辺、晴れた日には鳥甲山や白樺などの樹々が映り込む天池周辺など。また近くには温泉が豊富で、秋山郷を世に紹介した江戸時代の越後の文人・鈴木牧之(ぼくし)が「再びあの命の洗濯に来たい」と絶賛したと言われています。美しい眺めから湯の幸まで、大自然の恵みをたっぷり堪能してください。

所在地:
長野県下水内郡栄村
アクセス:
JR飯山線森宮野原駅より、路線バスで津南役場前まで約14分、秋山線路線バスに乗り換えて約60分、屋敷下車
紅葉の見ごろ:
10月中旬〜11月上旬 ※詳しい紅葉時期については、お出かけ前にご確認ください。

  • 松川渓谷

    松川渓谷

    千曲川の支流「松川」が流れる松川渓谷は、山田温泉から七味温泉までの約7kmに続く渓谷。四季折々の風景が楽しめ、一年を通じて多くの観光客が訪れます。特に秋は、色づく紅葉と赤い橋「高井橋」の共演が見事です。

    アクセス:
    長野電鉄長野線須坂駅よりバスで約30分
    紅葉の見ごろ:
    10月中旬〜10月下旬 ※詳しい紅葉時期については、お出かけ前にご確認ください。
  • りんご狩り 小野りんご園

    りんご狩り 小野りんご園

    志賀高原の西の玄関口である中野市は、りんごやぶどうなど果樹栽培の適地として知られています。小野りんご園では7種類のりんごが栽培されており、時期によってさまざまな味覚が楽しめます。

    開催日時:
    9月上旬〜11月下旬
    アクセス:
    長野電鉄信州中野駅より徒歩約10分、中野松川駅より徒歩約5分
  • 東御(とうみ)市ワイン 収穫体験

    東御(とうみ)市ワイン 収穫体験

    県内初のワイン特区として認定されている東御(とうみ)市。個性豊かなワイナリーが集い、ヴィンヤード(葡萄畑)からの眺望が見事です。ぶどうの木の剪定や収穫期にはぶどうの収穫体験ができるグリーンツーリズムを行っています。

    開催日時:
    9月中旬〜10月下旬
    アクセス:
    しなの鉄道田中駅より車で約10~20分
    (ワイナリーの場所により異なります)
  • 長野えびす講煙火大会

    長野えびす講煙火大会

    全国的にも珍しい11月に行われる花火大会。音楽と花火のコラボレーション「ミュージックスターマイン」や、日本屈指の煙火師を招いて開催する全国十号玉新作花火コンテストなど、晩秋の澄んだ夜空を華麗な花火が彩ります。

    開催日時:
    11月23日(木・祝)
    アクセス:
    JR長野駅よりシャトルバスで約10分、または徒歩約20分
長野県 関連旅行商品のご紹介
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品

新潟

大地を揺るがす水しぶき。小林一茶も愛でた名瀑。

苗名滝(なえなたき)

妙高市

長野県との県境、関川にかかる落差55mの苗名滝(なえなたき)。柱状節理の玄武岩壁から水しぶきを上げて落ち込むさまは迫力満点で、「日本の滝百選」に選ばれています。滝に近づくにつれて地響きがし、まるで地震が来ているような感じがすることから別名「地震滝」とも呼ばれています。紅葉の見ごろは、10月中旬頃から。吊り橋から眺める白い柱のような滝と、周りの樹々が鮮やかな紅葉に染まる様子はまさに圧巻。文化10年(1813年)の春にこの地を訪れ、豪快な滝の姿に心打たれた小林一茶は、「瀧けぶり 側で見てさえ 花の雲」という句を詠みました。もしも秋に一茶が訪れ、この燃えるような紅葉を眺めていたら、また別の名句が誕生していたに違いありません。

所在地:
新潟県妙高市杉野沢
アクセス:
えちごトキめき鉄道妙高高原駅より車で約15分
紅葉の見ごろ:
10月中旬〜10月下旬 ※詳しい紅葉時期については、お出かけ前にご確認ください。

  • 第12回 越後・謙信SAKEまつり2017

    第12回 越後・謙信SAKEまつり2017

    上越地域の蔵元で造られる日本酒をはじめ、ワイン、どぶろく、地ビールなどを一堂に集め、酒文化を紹介するイベント。お酒に合うグルメやお土産も数多く販売されるなど、上越の食文化がまるごと味わえます。

    開催日時:
    10月21日(土)〜22日(日)
    アクセス:
    えちごトキめき鉄道高田駅より徒歩約5分
  • いもり池と妙高山

    いもり池と妙高山

    いもり池は、妙高高原池の平温泉にある周囲500mほどの池。晴れた日には標高2,454mの妙高山を水面にくっきり映し出します。池の周りには遊歩道が整備されており、気軽にハイキングが楽しめます。

    アクセス:
    えちごトキめき鉄道妙高高原駅よりバスで約10分
  • 美人林

    美人林

    十日町市松之山松口の丘陵には、樹齢90年と言われるブナの木が一面に生い茂っており、その立ち姿がとても美しいことから「美人林」と呼ばれています。秋は黄やオレンジ、赤に葉が染まり、まるで絵画のような美しさに魅了されます。

    アクセス:
    北越急行ほくほく線まつだい駅よりバスで約15分、堺松下車、徒歩約20分
  • フォッサマグナミュージアム

    フォッサマグナミュージアム

    糸魚川市の美山公園にある石の博物館。糸魚川を代表する鉱物「ヒスイ」や、大地の裂け目「フォッサマグナ」などをポイントに、自然環境や資源の恵み、地震や火山、地すべりなどの自然災害について学ぶことができます。

    アクセス:
    JR糸魚川駅より車で約10分
新潟 関連旅行商品のご紹介
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品

富山

気分はイヌワシかライチョウか。絶景を見下ろす空中散歩。

立山ロープウェイ

立山町

夏が終わると、山全体が少しずつ黄色味を帯びてくる立山。標高2,450mの室堂では、9月下旬頃から紅葉がはじまります。立山の紅葉の特徴は、赤や黄だけではなく、ハイマツの濃い緑やチシマザサの淡い緑など色彩が豊富なところ。標高2,316mの大観峰(だいかんぼう)は立山連峰を背景に、黒部湖やタンボ平を一望できます。大観峰(だいかんぼう)駅と黒部平駅を結ぶ立山ロープウェイは、景観と環境保全の観点から支柱が一本もなく、まるで動く展望台のよう。時期によって高山に雪、中間に紅葉、山麓に緑という「三段紅葉」を大パノラマで楽しめるのは、立山黒部アルペンルートの中でも屈指の絶景です。ナナカマドやミネカエデ、ダケカンバなどの紅葉は、11月上旬頃まで楽しめます。

所在地:
富山県中新川郡立山町
アクセス:
JR富山駅より富山地方鉄道に乗り換え、立山駅下車
紅葉の見ごろ:
9月下旬〜10月上旬 ※詳しい紅葉時期については、お出かけ前にご確認ください。

  • 黒部峡谷トロッコ電車

    黒部峡谷トロッコ電車

    黒部峡谷の宇奈月から欅平(けやきだいら)まで、全長20.1kmを片道約1時間20分で結ぶトロッコ電車。10月下旬から11月中旬にかけて、深い谷の赤や黄に染まった樹木を眺めながら走る旅は、ここでしか味わえない贅沢な時間です。

    開催日時:
    11月30日(木)まで
    アクセス:
    富山地方鉄道宇奈月温泉駅より徒歩約5分
  • こきりこ祭り

    こきりこ祭り

    世界遺産・五箇山の祭りの中でも麦屋まつりと並ぶ代表的な祭り。白山宮境内前には屋台が立ち並び、こきりこ館前の特設ステージでの民謡披露、獅子舞など、上梨(かみなし)地区全体が一体となって盛り上がります。

    開催日時:
    9月25日(月)〜26日(火)
    アクセス:
    JR新高岡駅より世界遺産バスで約70分、またはJR城端駅より世界遺産バスで約40分、上梨下車
  • 新湊曳山(しんみなとひきやま)まつり

    新湊曳山(しんみなとひきやま)まつり

    放生津八幡宮(ほうじょうづはちまんぐう)の秋季例大祭の一つ。県内最多13本の曳山が、独特の掛け声とともに町中を練り廻ります。夜は提灯山が内川の水面に映り、幻想的な姿を見せてくれます。

    開催日時:
    10月1日(日) [曳山巡行]花山9:00〜17:00、提灯山18:30〜23:30頃
    アクセス:
    万葉線西新湊駅より徒歩約5分、またはJR富山駅・JR新高岡駅・あいの風とやま鉄道小杉駅よりバス
  • 国際北陸工芸サミット

    国際北陸工芸サミット

    北陸の工芸の魅力を世界に発信。メイン会場の富山県美術館では、国内外から選ばれた工芸作品を展示する「ワールド工芸100選」など、多彩なイベント・展覧会が催されます。

    開催日時:
    ワールド工芸100選 11月16日(木)~平成30年1月8日(月・祝)富山県美術館にて
    アクセス:
    JR富山駅より徒歩約20分
富山 関連旅行商品のご紹介
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品

石川

親子でシビれる、熱狂の祭り。

那谷寺(なたでら)

小松市

古くから白山信仰が根付き、自然を崇めてきた加賀の土地に座する那谷寺(なたでら)。717年に泰澄(たいちょう)大師によって開かれたと言われており、今年で開創1300年という節目の年を迎えました。普段は侘び寂びを感じさせる静かな古刹ですが、紅葉の時期には錦を織り込んだような鮮やかな景色が目の前に広がります。23万㎡という広い境内には7棟の国重要文化財、名勝指定園があり、中でも長い年月を経てつくられた「奇岩遊仙境(きがんゆうせんきょう)」の神秘的な姿には圧倒されます。松尾芭蕉もその景観に感嘆し、「奥の細道」の中で「石山の 石より白し 秋の風」と詠んでいます。2015年には、フランスの旅行ガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に南加賀から初めて掲載され、世界的にも高く評価されています。

所在地:
石川県小松市那谷町
アクセス:
JR北陸本線粟津駅より車で約10分
紅葉の見ごろ:
11月上旬〜11月下旬 ※詳しい紅葉時期については、お出かけ前にご確認ください。

  • 石川県九谷焼美術館

    石川県九谷焼美術館

    「古九谷の杜公園」の一角に建つ、九谷焼をテーマにした美術館。青手、色絵(五彩手)、赤絵(金襴手)・あかえ(きんらんで)と呼ばれる上絵付けの三様式にあわせて、それぞれ趣向を凝らした展示室にさまざまな名品が並び、九谷焼の魅力を存分に楽しむことができます。

    アクセス:
    JR北陸本線大聖寺駅より徒歩約8分
  • 白山白川郷(はくさんしらかわごう)ホワイトロード

    白山白川郷(はくさんしらかわごう)ホワイトロード

    金沢や白山・加賀温泉郷と岐阜県の白川郷を結ぶ、総延長33.3kmの白山国立公園内の山岳ドライブコース。雄大な白山をバックにした山並みに、ナナカマドやヤマウルシ、ハウチワカエデなどの色鮮やかな紅葉を楽しむことができます。
    ※今年は11月11日から冬期閉鎖(変更する場合があります)

    アクセス:
    JR金沢駅より車で約1時間30分
  • 兼六園

    兼六園

    日本三名園の一つに挙げられる、特別名勝・兼六園。園内はモミジ類、桜、ケヤキ、その他ニシキギ、ドウダンツツジなどが、赤や黄色に美しく色づきます。優美さ、大胆さ、壮大さにあふれる紅葉の眺めに圧倒されます。

    アクセス:
    JR金沢駅より路線バスで約10分
  • 奥能登国際芸術祭2017

    奥能登国際芸術祭2017

    伝統文化と最先端の美術が響き合うアートの祭典。国内外から参加するアーティストと奥能登珠洲(すず)に眠るポテンシャルを掘り起こし、日本の“最涯(さいはて)”から“最先端”の文化を創造する試みです。

    開催日時:
    9月3日(日)〜10月22日(日)
    アクセス:
    JR金沢駅より特急バスで約2時間半
石川県 関連旅行商品のご紹介
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品

福井

色づく紅葉を映す鏡のような水面。奥越の秋を彩る優美な眺め。

九頭竜湖(くずりゅうこ)

大野市

1968年に完成した九頭竜ダムは、岩石を積み上げる「ロックフィル式」という工法で造られた巨大ダム。九頭竜湖はこのダムの建設によって九頭竜川がせき止められて誕生した人造湖で、長さ約13km、最大水深は約100mあり、その大きさは青森県の十和田湖に匹敵します。湖に架かる箱ケ瀬橋は「夢のかけはし」という愛称を持ち、本州と四国を結ぶ瀬戸大橋のモデル橋として建設されました。赤く色づいた山々の姿がエメラルドグリーンの水面に映り、さらにオレンジ色の優美な橋が一体となって織りなす眺めは、人の叡智と自然とが作り出したアート作品のよう。周辺にはキャンプ場や散策路なども整備されており、湖を渡る風に吹かれながら、爽やかな秋の一日を楽しんではいかがでしょう。

所在地:
福井県大野市
アクセス:
中部縦貫自動車道大野ICより車で約40分、東海北陸自動車道白鳥JCTより車で約15分(中部縦貫道油坂峠道路経由)、JR九頭竜湖駅より車で約20分
紅葉の見ごろ:
10月下旬〜11月中旬 ※詳しい紅葉時期については、お出かけ前にご確認ください。

  • 養浩館庭園(ようこうかん)

    養浩館庭園(ようこうかん)

    福井藩主松平家の別邸である養浩館庭園。アメリカの日本庭園専門誌で5位にランクインするなど高い評価を受けています。広い池に浮かぶように建つ数寄屋造りの座敷から、舟遊びをしている気分でゆったりと庭園を眺めることができます。紅葉は10月上旬頃から。シーズン中は夜間ライトアップも行われます。

    開催日時:
    ライトアップ/9月29日(金)~11月26日(日)※金・土・日・祝日の前日
    アクセス:
    JR福井駅より徒歩約15分
  • たけふ菊人形

    たけふ菊人形

    北陸の秋の風物詩、たけふ菊人形。イベント期間中は2万株もの菊花の展示や、動物をかたどったカラフルでキュートな菊のフラワーアートが訪れる人を楽しませてくれます。毎年恒例のOSK日本歌劇団によるレビューショーも必見。

    開催日時:
    10月5日(木)〜11月5日(日)
    アクセス:
    JR北陸本線武生駅より徒歩約20分、またはバスで約5〜10分
  • 永平寺

    たけふ菊人形

    曹洞宗大本山永平寺は、1244年、道元禅師が坐禅修行の場として創建。今も約160名の雲水(修行僧)たちが道元禅師の教えを守り、厳しい修行に励んでいます。紅葉の見ごろは10月下旬から11月上旬まで。ピンと張りつめた空気の中で見る紅葉の鮮やかな色彩が、深く胸に沁みます。

    開催日時:
    JR福井駅より特急バス永平寺ライナーで約30分
  • みほとけの里「若狭の秘仏」特別公開

    みほとけの里「若狭の秘仏」特別公開

    福井県南西部の若狭地域は、奈良・平安時代から都との深い交流があり、現在も数多くの古刹が残されています。そんな「文化財の宝庫」とも呼ばれる若狭の秘仏が、期間限定で特別公開されます。

    開催日時:
    9月16日(土)〜11月26日(日)※土・日・祝のみ公開
    アクセス:
    小浜市、若狭町、おおい町、高浜町の各寺院
福井県 関連旅行商品のご紹介
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品
  • 旅行商品

鮮やかに色づく自然芸術を堪能しよう! びゅう「紅葉」特集