中央線まめ知識

中央線まめ知識

八王子支社エリア内の駅で一日平均の乗車人員一番の駅は?

中央線・青梅線・南武線が乗り入れる立川駅で一日平均の乗車人員は、167,108人(2017年度データ・乗換えの人員は除く)です。ちなみにJR東日本全体では15位で、1位は新宿駅です。

※その他の駅の乗車人員はこちら

八王子支社エリア内で一番長い橋りょうは?

八高線の小宮駅~拝島駅間にある「多摩川橋りょう」で、延長572mあります。

★橋りょうとは、川、湖沼、海峡などの水の上だけでなく、道路や鉄道などのいろいろなものの上を横切り、その下に空間を残して建設された通路とそれを支持する構造物をいいます。

八王子支社エリア内で一番長いトンネルは?

中央線の笹子駅~甲斐大和駅間の上り線にある「新笹子トンネル」で4,670mあります。

★トンネルとは、「上方に地山を残して下を掘り、そこにできた空間をある用途に提供するもの」と定義しています。過去にはトンネルを「ずい道」と呼んでいましたが、昭和45年4月から「トンネル」が正式用語として用いられています。

八王子支社エリアで一番長い駅のホームは?

中央線・韮崎駅上りホームで322mあります。

八王子支社エリア内で一番高いところにある駅は?

中央線・小海線の乗り入れている小淵沢駅で標高881.5mです。ちなみにJR東日本管内で一番高いところにある駅は小海線の野辺山駅で、標高1,346mにあります。

八王子支社エリア内で一番長い駅名は?

中央線の「勝沼ぶどう郷(かつぬまぶどうきょう)」駅で10文字です。

八王子支社エリア内で一番長い駅間は?

中央線・高尾駅~相模湖駅間で9.5kmあり、列車で約9分(普通電車)かかります。

八王子支社内で一番急な勾配は?

中央線の東山梨駅~山梨市駅間にあり、28/1000で距離は約60mです。

★28/1000とは、1,000mの距離で高度が28m上がるということです。