トップページ お知らせ おすすめきっぷ びゅう旅行 中央線まめ知識
青梅・五日市線の歴史
1940年(昭和15年)
9月1日 五日市鉄道 南武鉄道に合併。
1942年(昭和17年)
7月1日 青梅電気鉄道 東中神駅開設。
1944年(昭和19年)
4月1日 青梅電気鉄道及び南武鉄道を国有化。
青梅線 立川〜中神間複線開通。
青梅線 立川〜御嶽間電化開通。
青梅線 牛浜駅開設。
7月1日 奥多摩電気鉄道を国有化。
青梅線 御嶽〜氷川(現在の奥多摩)間の営業開始(電化開通)。
(川井・古里・鳩ノ巣・白丸の4駅も開設)
10月10日 五日市線 立川〜拝島間、南拝島〜拝島多摩川間の運輸営業休止。
1946年(昭和21年)
5月15日 青梅線 中神〜拝島間複線開通。
○ これまで立川〜拝島間は青梅鉄道のほかに五日市鉄道が別の線路で走っていたが、国有化後、五日市鉄道の線路を休止し、立川〜中神間及び中神〜拝島間の線路を整備し、複線となった。
1949年(昭和24年)
6月1日 日本国有鉄道発足。
6月27日 青梅〜東京間で直通電車運転。
1955年(昭和30年)
 
1957年(昭和32年)
5月19日 五日市線 全線気動車化を実施。
1958年(昭和33年)
3月9日 新宿-御嶽間に観梅電車「吉野観梅号」運転開始
1959年(昭和34年)
4月1日 青梅〜東京間の直通運転を定期化。
12月9日 青梅線 福生〜福生河原間の運輸営業廃止。
 
1880〜1899年1900〜1919年1920〜1939年1940〜1959年
1960〜1969年1970〜1979年1980〜1989年1990〜1999年
2000〜2005年2006〜2010年2011年〜2015年2016年以降
青梅・五日市線の駅開業一覧
中央線まめ知識
Copyright(C) JR East Hachioji.All Rights Reserved. JR東日本ホームページ