トップページ お知らせ おすすめきっぷ びゅう旅行 中央線まめ知識
青梅・五日市線の歴史
1891年(明治24年)
5月5日 「青梅鉄道創立願」を内務大臣に提出する。
9月16日 青梅鉄道 創立の仮免許を受ける。
1892年(明治25年)
2月22日 青梅鉄道 本免状の下付願を提出する。
6月21日 青梅鉄道 本免許を受ける。
7月3日 創業総会が開かれ、青梅鉄道株式会社が発足する。
1893年(明治26年)
12月- 青梅鉄道 線路の測量が始まる。
1894年(明治27年)
1月18日 青梅鉄道 鉄道敷設の工事が始まる。
11月19日 青梅鉄道 立川〜青梅間開通(拝島・福生・羽村・小作の4駅も開設)。
○当初、馬車鉄道として計画されたが、青梅街道が江戸と青梅を結んでいた江戸時代以来、青梅から織物や石材、木材を運送することが盛んであり、また、日向和田で採掘される石灰石を運搬を主目的として、明治22年の甲武鉄道(後の中央線)の開通を契機に、甲武鉄道との連絡、乗入れによる効率的な輸送を考慮し鉄道に変更となった。
1日6往復運転した。
1895年(明治28年)
12月28日 青梅鉄道 青梅〜日向和田間開業(この区間は石灰石積出専用貨物線で、明治31年3月10日から旅客列車の運転開始)。
1896年(明治29年)
4月1日 青梅鉄道 甲武鉄道会社に営業を委託(建設は当初から委託、明治30年11月委託を解約し独立)。
1897年(明治30年)
11月- 青梅鉄道自営をはかり、甲武鉄道との営業委託契約を解除。
1898年(明治31年)
3月10日 青梅鉄道 青梅〜日向和田間旅客営業開始。
 
1880〜1899年1900〜1919年1920〜1939年1940〜1959年
1960〜1969年1970〜1979年1980〜1989年1990〜1999年
2000〜2005年2006〜2010年2011年〜2015年2016年以降
青梅・五日市線の駅開業一覧
中央線まめ知識
Copyright(C) JR East Hachioji.All Rights Reserved. JR東日本ホームページ