トップページ お知らせ おすすめきっぷ びゅう旅行 中央線まめ知識
中央線の歴史
1901年(明治34年)
8月1日 中央線八王子・上野原間が開通
甲武鉄道は、官設の八王子・上野原間の旅客と貨物の連絡運輸を開始
1902年(明治35年)
1月- 甲武鉄道は、電車の運転を中野まで延長することを申請し、3月に認可され変電所・架線の建設に着手
6月1日 中央線上野原・鳥沢間が開通
7月6日 中央線笹子トンネルの導坑が貫通
10月1日 中央線鳥沢・大月間が開通
11月5日 中央線笹子トンネルが竣功
このトンネルは、延長1万5280フィート〔4657.3m〕で、着工以来約6年の歳月と、延べ195万8000人、建設費約190万と建築用具費、運送費を合わせて合計220万円かけて竣功
1903年(明治36年)
2月1日 中央線大月・初鹿野間が開通
6月11日 この日に中央線初鹿野・甲府間が開通し、新宿から甲府までつながる
12月15日 中央線甲府・韮崎間が開通
1904年(明治37年)
8月21日 甲武鉄道飯田町・中野間で電車併用運転を開始し、同時にディスク型の自動信号機を設置。これは、汽車と電車の併用運転と、自動信号機を初めて使用
12月21日 中央線韮崎・富士見間開通
12月31日 甲武鉄道市街線飯田町・御茶ノ水間開通(複線・電車専用線)
1905年(明治38年)
2月15日 横浜・甲府間(日本・甲武鉄道会社線経由)に直通貨物列車運転
11月25日 甲武鉄道と協定し、中央東線と飯田町間に直通旅客列車を運転
1906年(明治39年)
3月− 甲武鉄道市街線御茶ノ水・万世橋間工事に着手
3月31日 鉄道国有法公布
4月− 甲武鉄道新宿・大久保間複線開通
9月− 甲武鉄道大久保・中野間複線開通
1908年(明治41年)
4月19日 中央線御茶ノ水・昌平橋間開通。電車運転開始
12月17日 中央線吉祥寺・国分寺間複線開通
1909年(明治42年)
3月16日 中央線中野・吉祥寺間複線開通
1912年(明治45年・大正元年)
1月31日 中央線電車に婦人専用車を連結
4月1日 中央線電車専用線昌平橋・万世橋間開通。電車運転開始
 
1880〜1899年1900〜1919年1920〜1939年1940〜1959年
1960〜1969年1970〜1979年1980〜1989年1990〜1999年
2000〜2005年2006〜2010年2011年〜2015年2016年以降
中央線の駅開業一覧
中央線まめ知識
Copyright(C) JR East Hachioji.All Rights Reserved. JR東日本ホームページ