トップページ お知らせ おすすめきっぷ びゅう旅行 中央線まめ知識
中央線の歴史
1886年(明治19年)
11月10日 新宿・八王子間の馬車鉄道免許
1887年(明治20年)
3月5日 内務大臣山県有朋、新宿・八王子間鉄道建設を川崎・八王子間の建設より優先して許可すべきとし、閣議の開催を要請(閣議、内務大臣請議案のとおり決定)
12月- 鉄道局、甲武鉄道会社線新宿・八王子間の実測に着手
1889年(明治22年)
4月11日 甲武鉄道会社線新宿・立川間(16マイル74チェーン〔27.2km〕)が開業
当時4往復し、内1往復は新橋・立川間を直通運転
当時の新宿・立川間の運転時分は、1時間。また、新橋・立川間は1時間44から45分でした。
7月- 甲武鉄道会社線新宿・三崎町間の仮免許状が下付される。
7月- 明治21年11月着工していた甲武鉄道会社線多摩川橋梁と、明治21年1月から着工していた浅川橋梁が完成。多摩川橋梁は、1373フィート8インチ(418.7m)、浅川橋梁は、457フィート7インチ(139.5m)

8月11日 甲武鉄道会社線立川・八王子間が開業(6マイル3チェーン〔9.7km〕) 新宿・八王子間に4往復運転しました。うち1往復は新橋・八王子間の直通列車を運転しました。当時、新宿・八王子間の時間は、1時間14〜17分、新橋・八王子間は、1時間55分でした。
新宿・八王子の運賃は、旅客賃率下等1マイルにつき1銭2厘、中等は2倍、上等は3倍でした。
1890年(明治23年)
6月1日 甲武鉄道会社線新宿・八王子間の列車の運転回数が5往復になり、新橋・八王子間の直通列車が廃止
1892年(明治25年)
6月21日 鉄道敷設法が公布され、予定線33線のうち第1期線は中央線など9線が決定
1893年(明治26年)
2月6日 鉄道会議において、中央線八王子・諏訪・西筑摩郡経由の名古屋間の線路を答申
1894年(明治27年)
10月9日 甲武鉄道市街線新宿・牛込間が開通
1895年(明治28年)
4月3日 甲武鉄道市街線牛込・飯田町間が開通
12月30日 甲武鉄道市街線飯田町・新宿間の複線が開通
1896年(明治29年)
12月9日 中央線「笹子トンネル」着工
当時、削岩機に初めて電動機が使用され、また日本最初の水力発電により坑内外に電灯を点灯したほか、電話を設備して電力により空気圧搾機を運転、更に電気機関車を運転して運搬車を牽引しました
12月- 中央線八王子・甲府間の工事が着工
 
1880〜1899年1900〜1919年1920〜1939年1940〜1959年
1960〜1969年1970〜1979年1980〜1989年1990〜1999年
2000〜2005年2006〜2010年2011年〜2015年2016年以降
中央線の駅開業一覧
中央線まめ知識
Copyright(C) JR East Hachioji.All Rights Reserved. JR東日本ホームページ