駅たびnet > 青森・函館特集

青函のおすすめ観光プラン 青森・函館特集 2017年7月1日〜9月30日 青森県・函館観光キャンペーン

青森県・函館観光キャンペーン期間中、様々なおもてなしプランや体験コース、この時期だけの臨時列車など夏の青森県、函館をおもいっきり楽しめるおすすめ情報をご紹介いたします。

現地に着いてから、便利におトクに楽しめるオプショナルプランで夏の青森県、函館に行こう♪

おすすめスポット&観光プラン

青森県・函館県の地図
  • 津軽エリア
  • 下北エリア
  • 函館エリア
※写真・イラストはすべてイメージです。地図は略図です。

津軽エリア

立佞武多の館
鶴の舞橋

「立佞武多祭」で、五所川原市街地を周る、高さ約23m、重さ約19トンの巨大な立佞武多。その実物を通年楽しめる立佞武多の館や、湖にかかる全長300mもの木造三連太鼓橋と津軽富士岩木山を一望できる「鶴の舞橋」などの文化や自然を堪能できるエリアです。

【立佞武多の館】の公式ホームページ

【鶴の舞橋】の公式ホームページ

このスポットに行くならこのプラン!
その他の観光プラン
巨大なねぷたが街をゆく立佞武多の魅力を、いつでも体感できる展示施設でガイド付きで普段は見れない場所もご案内します。
観タクン

絶景!鶴の舞橋と鶴田の町の古きを知るコース

青森県特産のヒバ造りで全長300mもの三連太鼓橋。湖と岩木山そして鶴の舞橋のコラボはまさに絶景です。

下北エリア

恐山
仏ヶ浦と大間崎

日本三大霊場のひとつとして有名な「恐山」があります。今も昔の伝統や風習を受け継ぎ、特異な雰囲気がある、本州最北端に位置するエリアです。

下北半島の観光・イベント

青森県の祭り・イベント

むつ市観光協会公式サイト むつ下北観光案内

このスポットに行くならこのプラン!
びゅうばす

下北半島の魅力発見!下北・恐山号

七戸十和田駅から下北半島を経由し、下風呂温泉、大湊駅を結ぶコースです。
旅市

会員タクシーでめぐる 本州最北端大間崎と仏ヶ浦

観光船で、国指定天然記念物にもなっている名勝、仏ヶ浦を旅市ガイドとめぐるコースです。

函館エリア

このスポットに行くならこのプラン!
旅市

異国情緒あふれる元町散策

旧函館区公会堂などの街並みや函館朝市の食事を楽しめます。
その他の観光プラン

定期観光バス 函館満喫号

函館周辺の観光地を快適にめぐるバスツアーです。

▲ページの先頭に戻る

他にもあります!
青森県・函館のおすすめ観光スポット

函館港まつり
提供:一般社団法人函館国際観光コンベンション協会

函館港まつり

昭和10年に始まった「函館港まつり」は、函館の夏のメインイベントともいえるまつりです。華麗な花火が打ち上げられる「道新花火大会」をはじめ、約2万人の市民が踊りながら街を練り歩く「ワッショイはこだて」パレードなどが行われ、市内一円が賑わいます。

※イベントの内容が変更になる場合があります。ご確認ください。

田舎館村 田んぼアート
 

田舎館村 田んぼアート

6月4日に田植えが行われる田舎館村では、例年7月中旬になると、田んぼのキャンバスに稲で描かれた見事な絵が浮かび上がる「田んぼアート」が見頃となり、10月中旬まで見学できます。

※イベントの内容が変更になる場合があります。ご確認ください。

十二湖
提供:深浦町観光課

十二湖

十二湖は世界自然遺産白神山地に隣接する観光地です。1704年の大地震によって川がせきとめられ形成されたという「十二湖」は、大崩から眺めると12の湖が見えることから名づけられました。中でも「青池」は青インクを流し込んだような美しさで、水中には枯れたブナが横たわり、陽光と見る角度によって、千変万化する幻想の世界が広がります。

「駅たび」には、他にもまだまだあります!!

「旅市」「びゅうばす」「駅から観タクン」や
その他のオプショナルプランが駅たびパンフレットには盛りだくさん!
東日本エリアの旅を彩るオプショナルプランを旅のプランにちょっとプラスして、
おトクにお楽しみください。
お申込みは、JR東日本の駅にある「びゅうプラザ(旅行カウンター)」
または「びゅう予約センター」へ!

「駅たび」デジタルパンフレットを見る
駅たびパンフレットのイメージ
駅たび

▲ページの先頭に戻る

おすすめ情報 新幹線・特急列車の予約申込はこちらをご利用ください。

新幹線や特急列車の指定席・自由席をインターネットで予約できます!会員だけの割引特典やポイントあり!

※ご利用は会員登録(無料)が必要です。

えきねっとだけで買える!新幹線や特急列車のおトクな割引きっぷ「トクだ値」。列車・席数・区間限定だから割引でご提供できます!「トクだ値」を利用して、おトクな旅にでかけませんか?

▲ページの先頭に戻る