駅たびnet > 小さな旅 >山手線×LINEマンガ

「ココロも動かせ!山手線」 8駅限定 山手線×LINEマンガ〜マンガを読んでおでかけしよう! 〜10月11日(木)〜12月11日(火)駅限定配信!山手線沿線が無題のコラボマンガ 限定オリジナルマンガ無料配信

駅&街の魅力がつまったマンガを、駅で限定配信「山手線×LINEマンガ 〜マンガを読んでおでかけしよう!〜」キャンペーン実施中!

配信期間:10月11日(木)〜12月11日(火)

LINEマンガ編集部が手がけた“駅と街の魅力がつまった限定オリジナルマンガ”を、山手線内の限定8駅で配信します。
駅改札付近に設置されたLINE Beaconを経由して、普段ご利用されている駅周辺の、知られざる魅力がつまったマンガをみなさまにお届けします。

配信作品

その駅と街が舞台!街歩きがもっと楽しくなるかも!?

ぐるぐるてくてく イメージ

ぐるぐるてくてく

作:帯屋ミドリ©Midori Obiya/LINE

内容:方向音痴な先輩と歩く道は、“遠回り”でも優しくて――。「散歩部」所属の女子高生、葵と歩。公園の大木、ガード下の看板…なんてことない街の景色も、ふたりならきらきら輝いて見える、徒然散歩ダイアリー!

連載:本編は、LINEマンガにて連載予定

対象駅はコチラ
【池袋駅編、五反田駅編】10月11日(木)〜
【高田馬場駅編】10月22日(月)〜
【田町駅編】11月1日(木)〜
【田端駅編】11月12日(月)〜
月曜から金曜の男子高校生 イメージ

月曜から金曜の男子高校生

作:森つぶみ©Tsubumi Mori/LINE

内容:みっともなくて、まぶしい、ぼくらの日常!諭吉・光井・新渡戸・夏目は、いつも一緒の仲良し4人組。何かの形に似た雲に心底笑ったり、駄菓子のおいしさが最強だったり…。尊き日々にまた出会う、等身大の青春コミック!

連載:本編は、LINEマンガにて隔週金曜日更新
詳しくはこちら

対象駅はコチラ
【池袋駅編】10月11日(木)〜
【新橋駅編】10月22日(月)〜
【代々木駅編】11月1日(木)〜
【御徒町駅編】11月12日(月)〜

ページの先頭に戻る

配信日・配信対象駅

  • キャンペーン期間中、各駅沿線をテーマにしたマンガを以下の日程で配信します。
  • ●第1回配信 10月11日(木) 13時頃〜 池袋駅編・五反田駅編
  • ●第2回配信 10月22日(月) 〜 新橋駅編・高田馬場駅編
  • ●第3回配信 11月1日(木) 〜 田町駅編・代々木駅編
  • ●第4回配信 11月12日(月) 〜 御徒町駅編・田端駅編
  • ※配信スケジュールは予告なく変更となる場合がございます。

配信対象駅 イメージ

山手線×LINEマンガの楽しみ方

①山手線×LINEマンガをお楽しみいただくにはLINEアプリが必要です。

②BluetoothをオンにしてLINEを起動する。

③配信を実施している山手線の駅の改札を通る。

④バナーをタップして規約に同意後、友だち追加。山手線×LINEマンガをお楽しみください!

  • ①ご利用には、「LINE」アプリがダウンロードされたスマートフォンまたはタブレット端末が必要です。また、「LINE Beacon」の設定がオンになっている必要があります。
  • ※「LINE Beacon」設定:「LINE」アプリ起動→[設定]→[プライバシー管理]→[情報の提供]→[LINE Beacon]
  • ②スマートフォンまたはタブレット端末のBluetoothをオンにして、「LINE」アプリを起動してください。
  • ③実施駅の改札を通過してください。
  • ④「LINE」アプリ内の画面上部に表示されるバナーをタップしてください。
    利用規約に同意後、「LINEマンガ」のLINE公式アカウントを友だちに追加してください。
    表示されたリンク先から、「山手線×LINEマンガ」をお楽しみください!

LINEマンガ イメージ

「LINEマンガ」は、アプリや「LINE」上で気軽にマンガ作品が楽しめるスマートフォン向け電子コミックサービスです。国内の出版社・レーベルから提供いただいているマンガのほか、「LINEマンガ編集部」が手がけるオリジナル作品を2015年7月より「無料連載」にて展開しております。それらの作品は自社レーベル「LINEコミックス」としてLINE Digital Frontier株式会社発行のもと、全国の書店および各電子ストアで発売しており、これまでに33作品(電子版限定含む)を刊行しております。購入特典として当該マンガ作品の電子版コミックスをダウンロードできる点や、LINEスタンプを無料でダウンロードできる点が大きな特徴となっております。

  • ※駅構内での歩きスマホは危険ですのでご遠慮ください。また、車内の携帯電話のご利用マナーにご協力ください。

ページの先頭に戻る