1. JR東日本トップ
  2. 駅・鉄道/旅行・観光
  3. 駅長のおすすめ情報
  4. ジャンルごとに表示する:観光情報

駅長のおすすめ情報

インデックスへ戻る

ジャンルごとに表示する:観光情報

高田馬場駅

[駅の情報]

2017年10月11日更新

観光情報
新宿区立 漱石山房記念館〜漱石文学とともに、ゆったりとした時を過ごせる記念館〜

新宿区立 漱石山房記念館〜漱石文学とともに、ゆったりとした時を過ごせる記念館〜【施設紹介】
夏目漱石生誕150年である、平成29年9月に開館した、漱石にとって初の本格的な記念施設であり、漱石が晩年暮らした「漱石山房」の跡地に建てられました。「漱石山房」の書斎、客間、ベランダ式回廊を、記念館内部にできる限り忠実に再現しています。隣接する漱石公園を訪れる人々が気軽に利用できるエントランスホールや、ゆったりとした時を過ごしながら図書の閲覧ができるブックカフェを設置しています。

【開館時間】
(1)午前10時から午後6時まで(入館は午後5時30分まで)
(2)ブックカフェ利用時間
※午前10時から午後5時30分まで(ラストオーダーは午後5時まで)
(3)漱石公園
※(4月〜9月:午前8時〜午後7時。10月〜3月:午前8時〜午後6時)

【休館日】
・毎週月曜日(ただし、月曜が休日の場合は、直後の休日でない日)
・年末年始(平成29年12月29日〜平成30年1月3日)
・その他設備維持のための等の臨時休館日
・漱石公園は年中無休

【アクセス】
JR山手線「高田馬場駅」下車、東西線乗換え「早稲田駅」下車。徒歩で約10分

【観覧料(通常展)】
一般300円、小・中学生100円
(団体20名以上の場合、一般150円、小・中学生50円)
※特別展などの開催時の観覧料は、内容によって異なります。
※障害者手帳をお持ちの方は、受付にご提示いただくと観覧料が無料になります。
※詳しくは下記リンク先の公式ホームページをご覧ください。

【備考】
・授乳室○
・身障者用駐車場1台
・車イス対応エレベーター、貸出用車イスあり
・コインロッカー

皆さま、是非お気軽にお越しください。

高田馬場駅

[駅の情報]

2017年8月31日更新

観光情報
染の里 二葉苑 〜伝統の技「江戸更紗(さらさ)」に触れてみませんか?〜

染の里 二葉苑 〜伝統の技「江戸更紗(さらさ)」に触れてみませんか?〜JR高田馬場駅からほど近い場所に、江戸庶民が芸術の域まで押し上げた染色技術が息づいています。

染める図柄の型を掘り、均一な絵柄を染める「型染」は着物という衣装文化を広めました。

各種染色体験の他、染色した着物の展示や職人たちが染色に携わる作業をしている姿をガラス越しに見学することができます。


【見学】
(見学可能日)火〜土(第三日曜日は営業してます)
(見学時間)11:00〜17:00
(料金)無料
※ 職人の染色作業は休憩中の場合がございます。

【各種染色体験(有料)】
詳細はリンク先の公式ホームページをご覧ください。

【アクセス】
JR高田馬場駅「高田馬場駅」で西武新宿線に乗換え。「中井駅」下車。徒歩5分。

高田馬場駅

[駅の情報]

2017年6月19日更新

観光情報
新宿区立下落合図書館へ行ってみませんか

新宿区立下落合図書館へ行ってみませんか【施設紹介】
平成29年3月11日、新宿区内で11番目の図書館としてオープンしました。 資料の閲覧・貸出以外にも、地域の皆さまが交流できるオープンライブラリーや、新宿の地場産業を紹介するコーナーなどが設置されているほか、様々なイベントも実施されています。

【開館時間】
・火曜日〜土曜日 午前9時から午後9時45分まで
・日曜日・祝休日 午前9時から午後6時まで

【休館日】
・毎週月曜日(祝休日の場合は開館し、原則として翌日を休館とする)
・毎月第2木曜日(祝休日の場合は開館し、原則として翌日を休館とする)
・年末年始(12月29日〜1月4日)
・特別図書整理日(年7日以内)
・その他臨時休館日

【アクセス】
JR山手線 高田馬場駅から徒歩約8分

【備考】
・トイレ〇(車いす用、オストメイト対応あり)
・駐車場×
・駐輪場〇

皆さま、是非お気軽にお越しください。

高田馬場駅

[駅の情報]

2017年4月26日更新

観光情報
永青文庫(えいせいぶんこ)

永青文庫(えいせいぶんこ)【施設紹介】
 肥後熊本54万石を領した細川家に伝わる歴史資料や美術工芸品などを保存・公開する美術館です。所蔵品は絵画、茶道具、武具、能装束、書など多岐にわたり、年4回テーマを設けてコレクションを紹介する展覧会を開催しています。
【開館時間】
 ・10:00〜16:30 (入館は16:00まで)※夏季期間、延長開館あり
【休館日】
 ・月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)、展示替期間、年末年始
【入館料】
 ・一 般:800円 (団体10名以上は700円)
 ・シニア(70歳以上):600円 (団体10名以上は500円)
 ・大学・高校生:400円
 ・中学生以下:無料
 ※一部展覧会を除く
 ※障害者手帳をご提示の方およびその介護者(1名)は無料
【アクセス】
 ・JR山手線「高田馬場駅」乗り換え
  東京メトロ東西線「早稲田駅(出口3a)」下車。徒歩約15分。
【備考】
 ・トイレ〇
 ・駐車場×(ただし障害者用駐車場あり)

お近くにお越しの際は、お気軽にお立ち寄りください。

高田馬場駅

[駅の情報]

2017年3月27日更新

観光情報
つまみかんざし博物館〜小さな布から生まれた色とりどりのかんざし、伝統の髪飾り〜

つまみかんざし博物館〜小さな布から生まれた色とりどりのかんざし、伝統の髪飾り〜【施設紹介】
小さな絹の小片をつまんで(折りたたんで)作る東京都の 伝統工芸品・つまみかんざしを展示するミニ博物館です。
七五三や振袖に使われたり、舞妓さんや日本舞踊などの必需品です。

【開館日】
水曜日・土曜日の週2日(午前10時〜午後5時)
※入館無料

【アクセス】
JR山手線 高田馬場駅 戸山口より徒歩2分

【備考】
駐車場はありません

見学は10〜20分程度でできます。普段観る機会の少ないかんざしを、皆さまぜひ一度ご覧ください。

荻窪駅

[駅の情報]

2017年1月25日更新

観光情報
杉並アニメーションミュージアムに行ってみませんか

杉並アニメーションミュージアムに行ってみませんか【施設紹介】
杉並区は多くのアニメ制作会社が集まるアニメの街です。
そんな杉並にある杉並アニメーションミュージアムは、「日本のアニメの歴史」から「これからの日本のアニメ」までアニメ全般を総合的に紹介する施設です。
アニメの原理が体験できる参加型展示や、声優の仕事に挑戦できるアフレコ体験コーナー、新しいアニメ情報を盛り込んだ「企画展」など、さまざまな形でアニメを楽しんでいただけます。
さらにアニメーション資料、クリエイターのインタビュー映像などを収蔵したアニメライブラリー、アニメ作品を上映するアニメシアターなどもあります。

【開館時間】
10:00〜18:00(入館は17:30まで)

【休館日】
月曜日(祝祭日の場合はその翌日)
年末年始(12月28日〜1月4日)

【入館料】
無料

【アクセス】
JR中央線「荻窪駅」からバスで約5分→「荻窪警察署前」下車→徒歩2分
JR中央線「荻窪駅」から徒歩約20分


横川駅

[駅の情報]

2016年8月18日更新

観光情報
碓氷峠 鉄道文化むら

  見て、触れて、体験できる峠と鉄道の歴史。通称ポッポタウンと呼ばれています。日本で唯一碓氷峠専用電気機関車『EF63』の運転体験ができることでも有名です。
 鉄道ファンだけでなく、家族でも楽しめる施設です。

【営業時間】
 3〜10月  午前9時〜午後5時 (入園は午後4時30分まで)
 11〜2月末 午前9時〜午後4時30分 (入園は午後4時まで)
【休園日】
 毎週火曜日(8月除く)、12月29日〜1月4日
【入園料】
 小学生未満 無料(保護者同伴)
 小学生  300円
 中学生以上 500円
 ※その他団体等割引があります。詳細はお問い合わせください。
【お問合わせ】
 碓氷峠鉄道文化むら
 〒379−0301 群馬県安中市松井田町横川407−16
 TEL:027-380-4163(代)

久慈駅

[駅の情報]

2016年6月3日更新

観光情報
日本で唯一の久慈地下水族館「もぐらんぴあ」

日本で唯一の久慈地下水族館「もぐらんぴあ」東日本大震災の津波で全壊した地下水族館「もぐらんぴあ」が、2016年4月23日から営業を再開いたしました。 1階は受付と産直物販施設、2〜4階に防災学習や久慈国家石油備蓄基地関連の展示室などを設けています。5階は久慈湾を一望できる展望台スペースで、天気が良ければ対岸の小袖海女センターが望めます。 頭上を魚が泳ぐアーチ状のトンネル水槽などに、タカサゴやヒメフエダイなど約200種類を展示。大型水槽では「北限の海女」による実演も行われています。また、震災1カ月後に館内から発見された名物アオウミガメの「カメ吉」が来場者を出迎えています。

■ガイド
●営業時間: 4月〜10月/9時〜18時
         11月〜 3月/10時〜16時
●入館料:大人700円、高校・大学生500円、小・中学生300円
●休館日:月曜日(月曜日が休日の場合は次の平日)、
      年末年始(12/31、1/1)
●お問い合わせ先:0194−75−3551
●【駅からのアクセス】
  JR八戸線久慈駅から車で、約10分

西大宮駅

[駅の情報]

2015年11月9日更新

観光情報
大宮花の丘農林公苑

「大宮花の丘農林公苑」では、サクラ、チューリップ、ポピー、サルビア、コスモスなど、四季を通した花と自然の景観をお楽しみいただけます。
四季折々の花々で埋め尽くされた花畑や、その花畑を一望できる「花の丘」、夏場の水遊びスポット「親水公園」、お子さまにも大人気の芝生広場のほか、「花の食品館」では新鮮な農産物や季節の花の直売も行われています。
大人も子どもも大満足の「大宮花の丘農林公苑」へぜひお出かけ下さい。

●公苑開門時間
 4月〜9月 7:30〜19:00、10月〜3月 8:00〜18:00
 ※入苑は無料です

●利用上のご注意
 ペット類の入場、野球・サッカーなどの球技は禁止となっております。

●苑内の施設
 ・花の食品館 レストラン営業日(水曜から金曜、土曜、日曜及び祝日)
           [TEL:048-624-2332,営業時間(10:00〜17:00)]
          野菜直売営業日(水曜・土曜・日曜及び祝日)
           [TEL:048-625-1396,営業時間(11:00〜16:00)]
            《 年末年始は休業 》
●交通アクセス
1)JR高崎線上尾駅西口の上尾市内循環バス「ぐるっとくん」大谷循環(戸崎先回り又は日産先回り)で約20分(年中無休)
2)JR高崎線宮原駅西口の東武バス2番乗場から「花の丘」行きで約20分(土・日のみ運行)
3)JR川越線西大宮駅北口からさいたま市乗合タクシー「西新井団地方面」行きで約17分「西新井自治会館」下車(平日のみ運行)徒歩約8分
●お問合わせ
 大宮花の丘農林公苑(さいたま市西区西新井124番地)
 TEL:048-622-5781

松戸駅

[駅の情報]

2015年3月24日更新

観光情報
松戸市戸定が丘歴史公園

  戸定が丘歴史公園は、1991年11月に一般公開されました。約2.3haにおよぶ公園では、四季折々に変化する自然が目を楽しませてくれます、2007年には「日本の歴史公園100選」に選ばれています。
公園内には、水戸藩最後の藩主であった徳川昭武が1884年に建設した、戸定邸があり、2006年に、「国の重要文化財」に指定されています。また、2015年3月10日には、戸定邸庭園が「国の名勝」に指定されました。
  公園内の戸定歴史館は、徳川昭武と兄慶喜についての博物館です。「プリンス・トクガワ」と呼ばれた弟と最後の将軍に関する資料をご覧いただけます。
  是非、みなさまお誘いのうえ戸定が丘歴史公園へお越しください。

○松戸市戸定が丘歴史公園
 【アクセス】JR松戸駅より徒歩約10分
 【料金】無料
 【開園時間】9時から17時
 【休園日】月曜日(休館となる日が祝日・休日にあたるときは翌日が休園)、年末年始(12月28日〜1月4日)

○戸定邸、戸定歴史館
 【アクセス】松戸市戸定が丘歴史公園内
 【料金】高校生以上は有料
 【開園時間】9時30分から17時まで(入館は16時30分まで)
 【休館日】月曜日(休館となる日が祝日・休日にあたるときは翌日が休館。戸定歴史館のみ、その都度定める展示替え期間に休館となります)、年末年始(12月28日〜1月4日)

ページの先頭へ