1. JR東日本トップ
  2. 駅・鉄道/旅行・観光
  3. 駅長のおすすめ情報
  4. ジャンルごとに表示する:名所・旧跡

駅長のおすすめ情報

インデックスへ戻る

ジャンルごとに表示する:名所・旧跡

高田馬場駅

[駅の情報]

2018年1月29日更新

名所・旧跡
都立戸山公園〜都心でオアシスを発見〜

都立戸山公園〜都心でオアシスを発見〜【施設紹介】
都立戸山公園は明治通りを挟み大久保・箱根地区に分かれています。 大久保地区は、陸軍用地と陸軍射撃場跡地でした。箱根山地区は尾張徳川家の下屋敷跡地の一部で、明治になり陸軍戸山学校が設置されました。終戦後に両地区とも公園として整備されたものです。大久保地区では流れ弾よけの丘(三角山)の名残を見ることができ、箱根山地区では庭園作りで発生した土を盛って作った箱根山や戸山学校跡地の石碑などを見ることができます。

【開園時間】
・通年24時間開放

【アクセス】
・JR山手線「高田馬場駅」から
 大久保地区 「徒歩10分」
 箱根山地区 「徒歩25分」

【備考】
・トイレ有○(車いす用、オストメイト対応あり)
・駐車場×
・駐輪場〇

皆さま、是非お気軽にお越しください。

川越駅

[駅の情報]

2017年12月26日更新

名所・旧跡
旧山崎家別邸を見学してみませんか?

旧山崎家別邸を見学してみませんか?旧山崎家別邸は川越の老舗菓子店「亀屋」の五代目、山崎嘉七氏の隠居所として大正14(1925)年に建造されました。和洋折衷デザインの住宅と、国の登録記念物名勝地で和風庭園が見どころです。

◆住   所
埼玉県川越市松江町2-7-8
◆開館時間
4月 - 9月:午前9時30分−午後6時30分
10月-3月:午前9時30分−午後5時30分
※入館は閉館の30分前まで
※その他臨時休館あり
◆休   み
毎月第1・第3水曜日(祝日の場合、その翌日が休館日)
年末年始(12月29日−1月1日)
◆料   金
一       般:  100円(80円)
大学生・高校生:   50円(40円)
中学生以下  :   無料
※( )内は20名以上の団体料金
◆お問合せ
TEL:049-222-5556(川越市川越駅観光案内所)

高田馬場駅

[駅の情報]

2017年12月22日更新

名所・旧跡
哲学をテーマとした公園 「哲学堂公園」で七十七場巡り

哲学をテーマとした公園 「哲学堂公園」で七十七場巡り【施設紹介】
  哲学堂公園は明治37年、哲学者で東洋大学の創設者である井上円了によって、哲学や社会教育の場として創設されました。園内には、井上円了の哲学観を視覚的に表現した七十七場があり、これらを巡りながら哲学に触れることができます。
 世界的な哲学者4人を祀った“四聖堂”や赤色が印象的な「六賢台」をはじめとする、中野区の有形文化財に指定されている古建築物群があり、平成21年には、公園が東京都名勝に指定されました。
 また、四季を通じて、様々な教室やイベントも開催しています。

【開園日時】
・3月1日〜9月30日(午前8時〜午後6時)
・10月1日〜11月30日(午前8時〜午後5時)
・12月1日〜2月末日(午前9時〜午後5時)

【閉園日】
年末12月29日〜12月31日

【アクセス】
・JR山手線「高田馬場駅」乗り換え、西武新宿線「新井薬師前駅」下車。徒歩約12分。

【備考】
・トイレ〇(多目的トイレ有)
・駐車場有り(ただし、土日祝日は駐車不可)

周辺散策に、哲学堂公園はいかがですか。
皆さまのご来園、お待ちしております。

高田馬場駅

[駅の情報]

2017年5月22日更新

名所・旧跡
新井薬師 梅照院(ばいしょういん)

新井薬師 梅照院(ばいしょういん)【施設紹介】
 正式名称は梅照院(ばいしょういん)といい、ご本尊は薬師如来(表側)と如意輪観音(裏側)の二仏一体で、高さ一寸六分(約5.5p)です。ご本尊は秘仏のため、御開帳は寅年に限ります。

 二代将軍秀忠公の第五子 和子の方(東福門院)が患った悪質な眼病を祈願して快癒したことから「目の薬師」として、また、第五世玄鏡が如来の啓示によって秀れた小児薬を調整した「子育て薬師」として、広く知られることになり、今日では「新井薬師様」との別称で篤く信仰されています。

 毎月8の付く日のご縁日には、眼病平癒や厄除けなど皆様の願いを祈願する護摩法要を執り行い、境内では露店も出て多くのご参詣者で賑わいます。


【参詣時間】
お守りなどの授与は午前9時〜午後5時

【護摩法要】
毎月8・18・28日 午前11時・午後2時

【アクセス】
・JR山手線「高田馬場駅」乗り換え
 西武新宿線「新井薬師前駅」下車。徒歩約5分。
・JR中央線 中野駅下車(北口)。バス5分。

高田馬場駅

[駅の情報]

2016年11月7日更新

名所・旧跡
おとめ山公園〜都心で自然と歴史を感じてみませんか〜

おとめ山公園〜都心で自然と歴史を感じてみませんか〜【施設紹介】
おとめ山公園は落合崖線に残された斜面緑地です。
江戸時代、おとめ山公園の敷地周辺は、将軍家の鷹狩や猪狩などの狩猟場でした。 一帯を立ち入り禁止として「おとめ山(御留山、御禁止山)」と呼ばれ、現在の公園の名称の由来となっています。

【開園時間】
4月〜9月 7時〜19時
10月〜3月 7時〜17時

【アクセス】
JR山手線 高田馬場駅から徒歩約7分

【備考】
トイレ〇(車いす用、オストメイト対応あり)
駐車場×(ただし障害者用駐車場あり)
駐輪場〇

皆さま、是非お気軽にお越しください。

武蔵小金井駅

[駅の情報]

2015年10月7日更新

名所・旧跡
住んでみたい街、武蔵小金井

自然にかこまれ、武蔵野の面影が濃く残っている小金井市には、市の南側に武蔵野公園、北側には玉川上水が流れるそばに小金井公園があります。どちらも近隣の住民はもとより、市外からも多くの人が訪れる憩いの場となっています。
小金井公園の敷地内に、江戸末期から昭和にかけて建てられた建造物を移築・復元した野外博物館「江戸東京たてもの園」があります。茅葺き屋根の農家や銭湯建築の子宝湯など、下町の風情が味わえる人気スポットです。
小金井には「はけ」と呼ばれる東西を横切る崖と、坂の独特の景観が多く見られるなど緑豊かな街です。そんなのんびりとした空気が流れる小金井に、ぜひ一度来てみてはいかがですか。

盛岡駅

[駅の情報]

2014年10月15日更新

名所・旧跡
啄木新婚の家

啄木新婚の家明治38年、処女詩集「あこがれ」を出版した石川啄木は、東京で新婚生活をもつという生活設計を変更して、盛岡市内の新山小路(現在の中央通3丁目)に帰り、年来の恋人堀合節子と結婚式を挙げました。しかし、父母と妹が同居する新婚生活は窮迫し、そこでの生活はわずか3週間でした。
●所在地
 盛岡市中央通三丁目17−18
●利用時間
 8:30〜18:00
 9:00〜16:00(12〜3月)
●定休日
 火曜日(12〜3月のみ)
 ※12月28日〜1月4日は休館日
●入場料金
 無料
●お問い合わせ先
 019-624-2193

東十条駅

[駅の情報]

2013年12月25日更新

名所・旧跡
軍用鉄道跡を訪ねて〜ちんちん山児童遊園〜

軍用鉄道跡を訪ねて〜ちんちん山児童遊園〜  京浜東北線東十条駅南口から徒歩で約8分の場所に「ちんちん山児童遊園」があります。
 園内には「陸軍造兵廠(しょう)軽便線跨線橋」の遺跡が残されています。
 写真の公園内の石のアーチはその昔、軍用物資を積んだ列車が通っていた下を人が通行するためにあけたアーチ型跨線橋の石を記念に残したものです。
 列車が通る際に鳴らす警鐘「ちんちん」が公園の名前の由来となっています。
 この他にも戦前の北区(赤羽・王子・十条・東十条)には、旧陸軍の造兵廠(しょう)工場・補給廠(しょう)・射撃場・火薬庫などの軍事工場が多く設置されていました。
 歴史探索をしてみてはいかがでしょうか。

 【場所】東京都北区岸町2-1-11
 【アクセス】JR京浜東北線 東十条駅南口より徒歩8分

新大久保駅

[駅の情報]

2013年8月30日更新

名所・旧跡
天使のすむまち〜新大久保〜

天使のすむまち〜新大久保〜  新大久保商店街【コリアンタウン】

 コリアンタウンとして有名な新大久保ですが、JR新大久保駅前の「新大久保商店街」は、「天使のすむまち」の愛称で親しまれています。
 新大久保の町は韓流ブーム等もあり、たくさんの韓国の人々が生活しています。しかし、この町には韓国だけでなく世界の国々からも多くの人々が暮らしています。住み慣れた母国を離れて新大久保で暮らしている人々の中には言葉も通じず不安やストレスを感じているのではないか?世界中の人々が共通してわかりあえるものはないだろうか?そこで考えついたのが「天使」でした。JR新大久保駅ガード下に描かれている高岡洋介・横島基尚両氏による大壁画はこのような気持ちを込めて作成されました。皆さま一度ご覧になってはいかがでしょうか。
 新大久保へお越しの際は、検索サイトにて「天使のすむまち〜新大久保」を検索し、商店会のホームページをご覧になってからお越しいただくと便利です。ホームページでは周辺のイベント情報や「にぎわいマップ」でいろいろなお店の場所と情報が確認できる他、コインロッカーなどの情報を入手することができます。
 皆さまのお越しを、お待ちしております。

千駄ケ谷駅

[駅の情報]

2013年6月26日更新

名所・旧跡
東京都内最古の富士塚めぐりに出かけませんか。

東京都内最古の富士塚めぐりに出かけませんか。  富士塚の起源は、江戸時代にまで遡る富士山信仰に基づくもので、富士登山を気軽に行えるようにミニチュアを作成し、信仰の対象にしたものといわれています。
 千駄ケ谷駅から徒歩約5分のところにある鳩森神社の富士塚は、寛政元年(1789年)の築造といわれ、東京都内に数十箇所ある富士塚の中でも最古といわれています。鳩森神社は、富士塚めぐりの出発点にふさわしい富士塚といえるでしょう。
 年間を通じて自由に登ることができる千駄ヶ谷鳩森神社の富士塚に出かけてみませんか。

●千駄ヶ谷富士塚のご案内
 【アクセス】 JR千駄ケ谷駅(改札口は1箇所のみ)より徒歩5分
 【所在地】 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-1-24
 【お問合せ】鳩森八幡神社(TEL 03-3401-1284)
       ※写真は千駄ヶ谷の富士塚(都市指定有形民族文化財)です。
       ※詳しくは鳩森八幡神社公式ホームページをご覧下さい。

ページの先頭へ