1. JR東日本トップ
  2. 駅・鉄道/旅行・観光
  3. 駅長のおすすめ情報
  4. ジャンルごとに表示する:イベント

駅長のおすすめ情報

インデックスへ戻る

ジャンルごとに表示する:イベント

     

川越駅

[駅の情報]

2013年1月17日更新

イベント
≪時 薫るまち 川越≫ 川越まつり会館 囃子実演

≪時 薫るまち 川越≫ 川越まつり会館 囃子実演  川越まつり会館に行ってみませんか?

 川越まつり会館では、実際に川越まつりで曳かれる本物の山車2台を定期的に入れ替えながら展示しています。華麗な幕や精巧な彫刻により飾られた豪華絢爛な山車の迫力を間近でご覧いただけます。展示ホールでは、定期的にお囃子の実演(約20分)も行われます。(日曜・祝日のPM1:30・PM2:30の2回)

◆ 住  所 〒350-0062 川越市元町2丁目1番地10
◆ 開館時間 (4月〜9月) 午前9時30分〜午後6時30分 入館は6時まで
         (10月〜3月) 午前9時30分〜午後5時30分 入館は5時まで
◆ 休館日  毎月第2、第4水曜日 (祝日の場合、その翌日が休館日)
◆ 観覧料  一般300円(団体240円) 小中学生100円(団体80円)
         ※団体料金は20名以上の場合

◆ お問合せ 川越まつり会館(TEL)049-225-2727 (FAX)049-227-5001

川越駅

[駅の情報]

2012年11月12日更新

イベント
≪時 薫るまち 川越≫ シルバーガイドの川越ツアー

  赤い制服のシルバーガイドが親切丁寧に小江戸川越をご案内します!

【実施日】
 金・土・日・祝日
【受付時間】
 10:00〜15:00
【ガイド受付場所】
 幸町観光案内所(蔵造りの町並み内)
【ご案内の人数】
 30名様まで
【料金】
 10名様まで:1時間 1,500円、2時間 2,500円、3時間 3,000円
  ※それぞれ1時間増すごとに 500円加算
 30名様まで:1時間 2,500円、2時間 3,500円、3時間 4,000円
  ※それぞれ1時間増すごとに 500円加算
【コースについて】
 1時間・2時間・3時間でまちなかを巡る基本コースとお好みコースがあります。

◆ お問合せ
 公益社会法人 川越市シルバー人材センター
 TEL:049−222-2075
 〒350-0824 川越市石原町2−33−13

川越駅

[駅の情報]

2012年11月12日更新

イベント
≪時 薫るまち 川越≫ 毎月18日はきものの日

☆江戸から明治・大正と時代の薫りが残る町並み。その中で連綿と受け継がれてきた職人の技や人のくらし。絹のような風合いを持つ川越唐桟は「川唐」の名で親しまれた縞木綿。
時代が変わった現在も、昔のままに息づき、まちと共に生きています。

☆「川越きものの日」誕生
 平成23年5月、「きものが似合うまち川越」を目指して「川越きものの日実行委員会」が立ち上がりました。
「川越きものの日」では、旧川越織物市場や呉服店であった仲町観光案内所を会場に、着付け無料サービスや着くずれ直し無料サービス等を実施するほか、着物に関するワークショップ等を開催し、洋服でも気軽に楽しめる体験事業を行っています。

☆毎月18日に和服・浴衣で川越にお越しのお客さまを対象に、協賛店におきまして様々なイベントやサービスご提供してまいります。
 毎月18日は和服・ゆかたをお召しになり、江戸時代にタイムスリップした気分で川越を散策してみてはいかがでしょうか。皆さまのお越しをお待ちしております。

☆「川越きものの日」に協賛店(約100店)に着物姿で来店すると、割引や粗品のプレゼントなど、さまざまなサービスが受けられます。着物のレンタル、着付けの無料サービスもありますので、洋服でもお越しいただけます。


◆ お問合せ
  「川越きものの日」実行委員会
  TEL:049-227-8233
  〒350-0062
  川越市元町2-1-10

日光駅

[駅の情報]

2012年7月25日更新

イベント
親子で楽しむワークショップ 「切って、貼って、絵を描こう!」

  小杉放菴記念日光美術館では、夏休みのひとときを親子で楽しむワークショップを開催いたします。
 今回は、板の上に、好きな形に切った紐や布、草花の種や豆といった、さまざまな素材をペタペタと貼りつけることによって、絵を描いていくワークショップです。コラージュと呼ばれるこの技法は、素材を自由に組み合わせていくことで、とても豊かな世界を生み出します。
 工作の宿題にもぴったりですので、ぜひ、ご参加ください。


●開催日時
 2012年8月5日(日)午前10時〜12時
●開催場所
 小杉放菴記念日光美術館エントランスホール
●講師
   汐アussey弘 氏(形と音の作家)
●参加料
 500円(作品1点制作・展示室観覧・飲み物付)
●対象
 親子(一般の方の参加も可)
●定員
 30名(申し込み先着順)
●その他
 参加をご希望の方は、小杉放菴記念日光美術館へお電話でお申込ください。(受付中)
●問合せ
 (財)小杉放菴記念日光美術館 電話0288−50−1200

四街道駅

[駅の情報]

2012年1月18日更新

イベント
旬の素材がいっぱい!「朝市」開催中

四街道市役所では、毎週日曜日、駐車場を開放し「朝市」を開催しています。
「朝市」では新鮮な旬の野菜・米・手作りの漬物など、嬉しい生産者価格で販売しています。
ぜひ、気軽にお立ち寄り下さい!

【開催時間】 5月〜10月(午前7時〜午前8時)
        11月〜4月(午前7時30分〜午前8時30分)
【お問合せ】 四街道市環境経済部産業振興課 043-421-6133

川越駅

[駅の情報]

2011年9月15日更新

イベント
≪時 薫るまち 川越≫ 毎月18日は、川越きものの日

この度「きものが似合うまち川越」を合言葉に、より多くの皆様に着物姿で川越を楽しんでいただけるよう、毎月18日を「川越きものの日」と設定しました。
毎月18日に和服・ゆかたで川越にお越しのお客さまを対象に、協賛店におきまして様々なイベントやサービスご提供してまいります。
毎月18日は和服・ゆかたをお召しになり、江戸時代にタイムスリップした気分で川越を散策してみてはいかがでしょうか。皆さまのお越しをお待ちしております。


◆ お問合せ  「川越きものの日」実行委員会事務局
          l 049-227-8233
          350-0062 川越市元町2-1-10
          URL:http://www.koedo.or.jp

さいたま新都心駅

[駅の情報]

2008年12月3日更新

イベント
けやきひろば「ジャズライブ」開催

けやきひろば「ジャズライブ」開催さいたま新都心の憩いの場である「けやきひろば」下にレストラン&ショップがいくつかあります。
その中のひとつ「寿司海鮮 御旦孤(おたんこ)」では毎月第3水曜日(12月を除く)にジャズライブを開催しています。
お食事しながらジャズを聴き優雅なひと時を過ごしてみてはいかがですか?

1.期   日  毎月第3水曜日
          ※12月は実施いたしません
2.時   間  1stステージ 18:30〜19:15
         2stステージ 19:45〜20:30
          ※入れ替えなし
3.場   所  「寿司海鮮 御旦孤」
          さいたま新都心 けやきひろば下
4.料   金  特別コース料理付きで4,000円(飲物代は別途)
5.お問合せ  「御旦孤」 TEL048−600−3190

さいたま新都心駅

[駅の情報]

2008年12月2日更新

イベント
けやきひろば 光のイマージュ

さいたま新都心の街並みの中心に憩いの空間として存在する「けやきひろば」。
“空の森”ともいわれ、県木であるけやきが地上2階部分に密生している不思議な空間です。
「けやきひろば」は“光のイマージュ”と題した光による演出で、夜でも「どこにもない不思議な森の広場」を楽しむことができます。
季節やテーマに合わせた色や形が映し出され、一年を通して楽しむことができます。

◆実施場所   けやきひろば
◆実施期間   通年
◆点灯時間   18:00〜23:00(季節により異なります)
◆ア ク セ ス   さいたま新都心駅から徒歩1分

熊谷駅

[駅の情報]

2008年6月23日更新

イベント
あついぞ!熊谷

あついぞ!熊谷「あついぞ!熊谷」まちづくり事業は、熊谷の夏の暑さを逆手にとって、貴重な地域資源としてプラスにとらえ、市民みんなで暑さを楽しみながら積極的にまちづくりに活かそうとする事業です。
それは、「熊谷」の暑さを、そこに住む市民の元気と結びつけることで、新しい地域の可能性を探ってみようという試みでもあります。
その中で作り出されたのが熊谷名産かき氷「雪くま」です。「松阪」牛、「越前」ガニ、「愛媛」みかん・・・。
ご当地物はおいしく、そして地元の人々にとっては大きな誇りになっています。
熊谷にもそんな、皆さんに喜んでもらえるご当地物を作ることができないか。市役所ではプロジェクトチームを立ち上げ、若手職員を中心に研究を進めてきました。
そんな中、「日本一あつい街・熊谷」ならではのご当地物として考え出されました。
※青い「のぼり」と「のれん旗」が「雪くま」取り扱い店の目印です。

問合せ:熊谷市役所企画課 048−524-1111(内)288

熊谷駅

[駅の情報]

2008年6月23日更新

イベント
熊谷花火大会

熊谷花火大会熊谷駅南口より徒歩5分。
関東一円に評判の高い、毎年8月中旬に行われる荒川河畔の「熊谷花火大会」。
昭和23年、戦災からの立ち直りを祝って「大熊谷復興花火大会」として開催されたのが始まりで、県内でも最も歴史ある花火大会として知られ、例年45万人以上の見物客を集めています。
尺玉・スターマインなど轟音(ごうおん)とともに華麗に打ち上げられる花火の総数1万発。
夏空を染めて高々と打ち上げられ、頭上に星の雨を降らせる華麗な尺玉の打ち上げ花火、色とりどりの光と形で構成したスターマイン、腹に響く轟音とせん光・・・美しい花火は、私たち日本の夏の風物詩、そしてふるさと熊谷になくてはならない祭です。

問合せ:熊谷市役所商業観光課 048−524-1111(内)312

ページの先頭へ