1. JR東日本トップ
  2. 駅・鉄道/旅行・観光
  3. 駅長のおすすめ情報
  4. ジャンルごとに表示する:イベント

駅長のおすすめ情報

インデックスへ戻る

ジャンルごとに表示する:イベント

     

四街道駅

[駅の情報]

2012年1月18日更新

イベント
旬の素材がいっぱい!「朝市」開催中

四街道市役所では、毎週日曜日、駐車場を開放し「朝市」を開催しています。
「朝市」では新鮮な旬の野菜・米・手作りの漬物など、嬉しい生産者価格で販売しています。
ぜひ、気軽にお立ち寄り下さい!

【開催時間】 5月〜10月(午前7時〜午前8時)
        11月〜4月(午前7時30分〜午前8時30分)
【お問合せ】 四街道市環境経済部産業振興課 043-421-6133

川越駅

[駅の情報]

2011年9月15日更新

イベント
≪時 薫るまち 川越≫ 毎月18日は、川越きものの日

この度「きものが似合うまち川越」を合言葉に、より多くの皆様に着物姿で川越を楽しんでいただけるよう、毎月18日を「川越きものの日」と設定しました。
毎月18日に和服・ゆかたで川越にお越しのお客さまを対象に、協賛店におきまして様々なイベントやサービスご提供してまいります。
毎月18日は和服・ゆかたをお召しになり、江戸時代にタイムスリップした気分で川越を散策してみてはいかがでしょうか。皆さまのお越しをお待ちしております。


◆ お問合せ  「川越きものの日」実行委員会事務局
          l 049-227-8233
          350-0062 川越市元町2-1-10
          URL:http://www.koedo.or.jp

さいたま新都心駅

[駅の情報]

2008年12月3日更新

イベント
けやきひろば「ジャズライブ」開催

けやきひろば「ジャズライブ」開催さいたま新都心の憩いの場である「けやきひろば」下にレストラン&ショップがいくつかあります。
その中のひとつ「寿司海鮮 御旦孤(おたんこ)」では毎月第3水曜日(12月を除く)にジャズライブを開催しています。
お食事しながらジャズを聴き優雅なひと時を過ごしてみてはいかがですか?

1.期   日  毎月第3水曜日
          ※12月は実施いたしません
2.時   間  1stステージ 18:30〜19:15
         2stステージ 19:45〜20:30
          ※入れ替えなし
3.場   所  「寿司海鮮 御旦孤」
          さいたま新都心 けやきひろば下
4.料   金  特別コース料理付きで4,000円(飲物代は別途)
5.お問合せ  「御旦孤」 TEL048−600−3190

さいたま新都心駅

[駅の情報]

2008年12月2日更新

イベント
けやきひろば 光のイマージュ

さいたま新都心の街並みの中心に憩いの空間として存在する「けやきひろば」。
“空の森”ともいわれ、県木であるけやきが地上2階部分に密生している不思議な空間です。
「けやきひろば」は“光のイマージュ”と題した光による演出で、夜でも「どこにもない不思議な森の広場」を楽しむことができます。
季節やテーマに合わせた色や形が映し出され、一年を通して楽しむことができます。

◆実施場所   けやきひろば
◆実施期間   通年
◆点灯時間   18:00〜23:00(季節により異なります)
◆ア ク セ ス   さいたま新都心駅から徒歩1分

熊谷駅

[駅の情報]

2008年6月23日更新

イベント
あついぞ!熊谷

あついぞ!熊谷「あついぞ!熊谷」まちづくり事業は、熊谷の夏の暑さを逆手にとって、貴重な地域資源としてプラスにとらえ、市民みんなで暑さを楽しみながら積極的にまちづくりに活かそうとする事業です。
それは、「熊谷」の暑さを、そこに住む市民の元気と結びつけることで、新しい地域の可能性を探ってみようという試みでもあります。
その中で作り出されたのが熊谷名産かき氷「雪くま」です。「松阪」牛、「越前」ガニ、「愛媛」みかん・・・。
ご当地物はおいしく、そして地元の人々にとっては大きな誇りになっています。
熊谷にもそんな、皆さんに喜んでもらえるご当地物を作ることができないか。市役所ではプロジェクトチームを立ち上げ、若手職員を中心に研究を進めてきました。
そんな中、「日本一あつい街・熊谷」ならではのご当地物として考え出されました。
※青い「のぼり」と「のれん旗」が「雪くま」取り扱い店の目印です。

問合せ:熊谷市役所企画課 048−524-1111(内)288

熊谷駅

[駅の情報]

2008年6月23日更新

イベント
熊谷花火大会

熊谷花火大会熊谷駅南口より徒歩5分。
関東一円に評判の高い、毎年8月中旬に行われる荒川河畔の「熊谷花火大会」。
昭和23年、戦災からの立ち直りを祝って「大熊谷復興花火大会」として開催されたのが始まりで、県内でも最も歴史ある花火大会として知られ、例年45万人以上の見物客を集めています。
尺玉・スターマインなど轟音(ごうおん)とともに華麗に打ち上げられる花火の総数1万発。
夏空を染めて高々と打ち上げられ、頭上に星の雨を降らせる華麗な尺玉の打ち上げ花火、色とりどりの光と形で構成したスターマイン、腹に響く轟音とせん光・・・美しい花火は、私たち日本の夏の風物詩、そしてふるさと熊谷になくてはならない祭です。

問合せ:熊谷市役所商業観光課 048−524-1111(内)312

ページの先頭へ