1. JR東日本トップ
  2. 駅・鉄道/旅行・観光
  3. 駅長のおすすめ情報
  4. ジャンルごとに表示する:祭り

駅長のおすすめ情報

インデックスへ戻る

ジャンルごとに表示する:祭り

  • 5件中1〜5件目

水沢江刺駅

[駅の情報]

2017年3月6日更新

祭り
鋳物のまちの祭典「羽田町火防祭(はだちょうかぼうさい)」

鋳物のまちの祭典「羽田町火防祭(はだちょうかぼうさい)」伝統的工芸品「南部鉄器」の生産地である羽田町で毎年行われているこのまつりは、昭和初期の大火をきっかけとして始まったもので、地域住民の防火・防災意識の高揚と、地域の活性化の役割を果たしています。
鋳物太鼓の演奏や消防団によるまとい振り、羽田ふるさと音頭などさまざまなイベントが開催され、33歳厄年連が引く鋳物屋台では、屋台に乗った子どもたちが愛らしい表情で太鼓を打ち鳴らし、見物客を魅了します。

○開催日 平成29年3月26日(日)
○開催場所 奥州市水沢区羽田町内
○問合せ先 羽田町火防祭実行委員会事務局
  (有限会社テクニス精機内 ☎0197-25-4133)

浜松町駅

[駅の情報]

2017年1月19日更新

祭り
伊豆大島「椿まつり」開催中!

伊豆大島「椿まつり」開催中!  今年も、伊豆大島では「椿まつり」が開催されています。
  椿まつりは、今年で62回目を迎える大島町最大の観光行事です。大島公園内の椿プラザをメイン会場に、椿の女王コンテスト、噴火の仕組みやバーチャルツアーが楽しめるジオパーク展といったイベントを島内各地で実施するなど、島をあげて"まつり"を盛り上げています。
  さらに昨年、「大島公園」「大島高校」「椿花ガーデン」の3園が世界的に権威のある国際ツバキ協会(ICS)から国際優秀つばき園に認定を受けました。

  伊豆大島までは竹芝桟橋から高速ジェット船で最短105分。椿まつり期間中は、乗船割引運賃や宿泊費用の割引などお得な割引がいっぱい!

  椿を見るならやっぱり大島!世界に認められた美しい椿をぜひ堪能ください。

【開催期間】
 1月29日(日)〜3月26日(日)
【伊豆大島までのアクセス】
 竹芝客船ターミナル(浜松町駅北口より徒歩約7分)から高速ジェット船で最短105分
【お問合わせ】
 東海汽船お客様センター 03-5472-9999  (9:30〜20:00/無休)

  ※詳しくはホームページをご覧ください。

古河駅

[駅の情報]

2012年9月21日更新

祭り
三和産業祭・さんさんまつり

  三和産業祭・さんさんまつりは、毎年10月の第4土・日曜日に三和健康ふれあいスポーツセンターで開催されます。産業祭会場では多数の模擬店やステージイベントが行われ、さんさんまつり会場では、神輿や山車、お囃子が行われます。皆さまぜひご来場ください。


○日  時:10月27日(土)
○会  場:三和健康ふれあいスポーツセンター
○主  催:古河市
○アクセス:JR宇都宮線「古河駅」下車 JRバス関東「古河市役所」下車徒歩3分
       東北自動車道「加須IC」より約35分
○お問合せ:古河市 商工政策課 電話0280-92-3111(代表)

岡谷駅

[駅の情報]

2008年8月4日更新

祭り
日本の屋根から世界へ響け!「信州・岡谷太鼓まつり」

日本の屋根から世界へ響け!「信州・岡谷太鼓まつり」岡谷では、毎年8月13日、14日の二日間「岡谷太鼓まつり」を開催します。
見どころは、なんと言っても「日本一の揃い打ち!」
約60メートルのメインステージで300人が揃い打ちをする姿は圧巻です。
毎年8月13日、14日はぜひ信州・岡谷へお越しください。

熊谷駅

[駅の情報]

2008年6月23日更新

祭り
関東一の祇園 熊谷うちわ祭

関東一の祇園 熊谷うちわ祭7月20日〜22日。
  延べおよそ70万人の集客を誇るのが、7月20日から3日間行われる八坂神社例大祭のうちわ祭。
12台の山車・屋台が熊谷囃子とともに市街地を巡行する様子は、その絢爛豪華さから関東一の祇園祭と称されています。
そして、クライマックスは3日目の夜。
あちらこちらの街角で引き合わせ叩き合いが繰り広げられながら、山車と屋台がお祭広場に集結します。
ライトアップされた山車・屋台。数万人の人の波。夜空に響きわたるお囃子と歓声。訪れた人の誰もを熱く燃えさせます。
※祭りの由来・・・祭中商家で赤飯をふるまっておりましたが、江戸時代になり団扇をもれなく差上げるようになったことから、うちわ祭といわれるようになりました。
  
問合せ:熊谷市役所商業観光課 048−524-1111(内)312

ページの先頭へ