1. JR東日本トップ
  2. 駅・鉄道/旅行・観光
  3. 駅長のおすすめ情報
  4. すべて表示する

駅長のおすすめ情報

インデックスへ戻る

すべて表示する:新着順での表示です。

     

久慈駅

[駅の情報]

2016年6月3日更新

観光情報
日本で唯一の久慈地下水族館「もぐらんぴあ」

日本で唯一の久慈地下水族館「もぐらんぴあ」東日本大震災の津波で全壊した地下水族館「もぐらんぴあ」が、2016年4月23日から営業を再開いたしました。 1階は受付と産直物販施設、2〜4階に防災学習や久慈国家石油備蓄基地関連の展示室などを設けています。5階は久慈湾を一望できる展望台スペースで、天気が良ければ対岸の小袖海女センターが望めます。 頭上を魚が泳ぐアーチ状のトンネル水槽などに、タカサゴやヒメフエダイなど約200種類を展示。大型水槽では「北限の海女」による実演も行われています。また、震災1カ月後に館内から発見された名物アオウミガメの「カメ吉」が来場者を出迎えています。

■ガイド
●営業時間: 4月〜10月/9時〜18時
         11月〜 3月/10時〜16時
●入館料:大人700円、高校・大学生500円、小・中学生300円
●休館日:月曜日(月曜日が休日の場合は次の平日)、
      年末年始(12/31、1/1)
●お問い合わせ先:0194−75−3551
●【駅からのアクセス】
  JR八戸線久慈駅から車で、約10分

宝積寺駅

[駅の情報]

2016年2月29日更新

その他
創製から四百年・・・!! その歴史にふれてみませんか。

「こどものおくすり」として有名な宇津救命丸は、いまから400年以上も昔の1597年(慶長二年)頃に栃木県の高根沢(当時は西根郷)で創製されました。
現在、救命丸発祥の地には宇津救命丸の工場があり、その敷地内には当時のままの誠意軒をはじめ、長屋門や薬師堂(高根沢町文化財指定)、昔からの資料を展示している宇津史料館などがあります。なお、薬師堂は毎年8月9日【薬(ヤク)】の日にご開帳が行われます。

【お申込いただければ見学できます】
事前のお申込で、誠意軒・薬師堂・史料館が見学できます。宇津救命丸の歴史と「救命丸が出来るまで」も映像でご覧いただけます。(工場内の見学は出来ません)

★見学のお申込は
【必ず電話でお申込下さい】
・一週間前までにお名前と人数、ご希望の日時をお知らせ下さい。
・電話番号:宇津救命丸株式会社ホームページでご確認下さい。
 (受付時間:平日9:00〜17:00)
・工場所在地:〒329−1224
栃木県塩谷郡高根沢町大字上高根沢3987
・見学時間 9:00〜12:00 13:00〜15:00
・休館日:土・日・祝日

西大宮駅

[駅の情報]

2015年11月9日更新

観光情報
大宮花の丘農林公苑

「大宮花の丘農林公苑」では、サクラ、チューリップ、ポピー、サルビア、コスモスなど、四季を通した花と自然の景観をお楽しみいただけます。
四季折々の花々で埋め尽くされた花畑や、その花畑を一望できる「花の丘」、夏場の水遊びスポット「親水公園」、お子さまにも大人気の芝生広場のほか、「花の食品館」では新鮮な農産物や季節の花の直売も行われています。
大人も子どもも大満足の「大宮花の丘農林公苑」へぜひお出かけ下さい。

●公苑開門時間
 4月〜9月 7:30〜19:00、10月〜3月 8:00〜18:00
 ※入苑は無料です

●利用上のご注意
 ペット類の入場、野球・サッカーなどの球技は禁止となっております。

●苑内の施設
 ・花の食品館 レストラン営業日(水曜から金曜、土曜、日曜及び祝日)
           [TEL:048-624-2332,営業時間(10:00〜17:00)]
          野菜直売営業日(水曜・土曜・日曜及び祝日)
           [TEL:048-625-1396,営業時間(11:00〜16:00)]
            《 年末年始は休業 》
●交通アクセス
1)JR高崎線上尾駅西口の上尾市内循環バス「ぐるっとくん」大谷循環(戸崎先回り又は日産先回り)で約20分(年中無休)
2)JR高崎線宮原駅西口の東武バス2番乗場から「花の丘」行きで約20分(土・日のみ運行)
3)JR川越線西大宮駅北口からさいたま市乗合タクシー「西新井団地方面」行きで約17分「西新井自治会館」下車(平日のみ運行)徒歩約8分
●お問合わせ
 大宮花の丘農林公苑(さいたま市西区西新井124番地)
 TEL:048-622-5781

武蔵小金井駅

[駅の情報]

2015年10月7日更新

名所・旧跡
住んでみたい街、武蔵小金井

自然にかこまれ、武蔵野の面影が濃く残っている小金井市には、市の南側に武蔵野公園、北側には玉川上水が流れるそばに小金井公園があります。どちらも近隣の住民はもとより、市外からも多くの人が訪れる憩いの場となっています。
小金井公園の敷地内に、江戸末期から昭和にかけて建てられた建造物を移築・復元した野外博物館「江戸東京たてもの園」があります。茅葺き屋根の農家や銭湯建築の子宝湯など、下町の風情が味わえる人気スポットです。
小金井には「はけ」と呼ばれる東西を横切る崖と、坂の独特の景観が多く見られるなど緑豊かな街です。そんなのんびりとした空気が流れる小金井に、ぜひ一度来てみてはいかがですか。

二戸駅

[駅の情報]

2015年7月31日更新

自駅紹介
二戸まつりの山車を設置しました!

二戸まつりの山車を設置しました!2015年7月19日、二戸駅構内に毎年9月に開催される「二戸まつり」のミニ山車を設置いたしました。
岩手県北の英傑「九戸政実」の騎馬姿をテーマとしたもので、騎馬の上から相手を睨みつける様を表現しております。
ホームから改札階へ上がると迫力ある人形が皆様をお出迎えしておりますので、二戸駅にお越しの際は山車の前で記念撮影などしてはいかがでしょうか?

上野原駅

[駅の情報]

2015年7月30日更新

温泉施設
上野原市 新湯治場「秋山温泉」

上野原市 新湯治場「秋山温泉」上野原市の日帰り温泉施設 新湯治場「秋山温泉」を紹介します。 秋山温泉は自然豊かな里山と清らかな秋山川と安寺沢川に囲まれた天然温泉です。泉質は東京近郊では希少な炭酸ガスを含む高アルカリ泉で、源泉温度は37℃と人肌に近いため体に負担なくいつまでも入っていられます。特に源泉風呂や源泉掛湯は一切の加温も加水もせず、源泉がそのまま湯船に注ぎ込まれるので、お肌にやさしく非常に良質なのが自慢です。トレッキング・ハイキングの疲れを癒しに是非お立ち寄りください。

上野原駅

[駅の情報]

2015年7月28日更新

名産品
上野原名物「酒まんじゅう」

上野原名物「酒まんじゅう」上野原名物の「酒まんじゅう」を紹介します。 酒まんじゅうは、その昔に甲斐絹の里「上野原」に集まった商人に愛され、この人達によって各地に広められました。素朴な味はいつの時代も変わらず、上野原名物として人気を博しています。最近では長寿食としても見直され、現在市内で12軒のまんじゅう屋が営業しています。是非一度上野原市内の散策を楽しみながらお召し上がりください。

松戸駅

[駅の情報]

2015年3月24日更新

観光情報
松戸市戸定が丘歴史公園

  戸定が丘歴史公園は、1991年11月に一般公開されました。約2.3haにおよぶ公園では、四季折々に変化する自然が目を楽しませてくれます、2007年には「日本の歴史公園100選」に選ばれています。
公園内には、水戸藩最後の藩主であった徳川昭武が1884年に建設した、戸定邸があり、2006年に、「国の重要文化財」に指定されています。また、2015年3月10日には、戸定邸庭園が「国の名勝」に指定されました。
  公園内の戸定歴史館は、徳川昭武と兄慶喜についての博物館です。「プリンス・トクガワ」と呼ばれた弟と最後の将軍に関する資料をご覧いただけます。
  是非、みなさまお誘いのうえ戸定が丘歴史公園へお越しください。

○松戸市戸定が丘歴史公園
 【アクセス】JR松戸駅より徒歩約10分
 【料金】無料
 【開園時間】9時から17時
 【休園日】月曜日(休館となる日が祝日・休日にあたるときは翌日が休園)、年末年始(12月28日〜1月4日)

○戸定邸、戸定歴史館
 【アクセス】松戸市戸定が丘歴史公園内
 【料金】高校生以上は有料
 【開園時間】9時30分から17時まで(入館は16時30分まで)
 【休館日】月曜日(休館となる日が祝日・休日にあたるときは翌日が休館。戸定歴史館のみ、その都度定める展示替え期間に休館となります)、年末年始(12月28日〜1月4日)

盛岡駅

[駅の情報]

2014年10月15日更新

名所・旧跡
啄木新婚の家

啄木新婚の家明治38年、処女詩集「あこがれ」を出版した石川啄木は、東京で新婚生活をもつという生活設計を変更して、盛岡市内の新山小路(現在の中央通3丁目)に帰り、年来の恋人堀合節子と結婚式を挙げました。しかし、父母と妹が同居する新婚生活は窮迫し、そこでの生活はわずか3週間でした。
●所在地
 盛岡市中央通三丁目17−18
●利用時間
 8:30〜18:00
 9:00〜16:00(12〜3月)
●定休日
 火曜日(12〜3月のみ)
 ※12月28日〜1月4日は休館日
●入場料金
 無料
●お問い合わせ先
 019-624-2193

盛岡駅

[駅の情報]

2014年9月8日更新

観光情報
もりおか町家物語館

もりおか町家物語館昔ながらの盛岡町家や共同井戸が残る町並みの鉈屋町界隈は、江戸期から明治期にかけて北上川の舟運により栄え、奥州街道、遠野・釜石街道、宮古街道が集まる交通の要衝でした。その地域に2014年にオープンした「もりおか町家物語館」は、旧岩手川酒造工場の酒蔵や事務所でもあった盛岡町家を保存活用した観光交流施設です。
懐かしい町家のたたずまいや昭和のおもちゃの展示を見たり、おみやげを買ったり、ゆっくりと楽しんでいただける空間です。ホールや広場、喫茶などもありますので、是非お立ち寄りください。

開館時間:9時〜19時(入場は18時半まで)
休館日:毎月第4火曜(休日の場合はその翌日)
入館料無料

ページの先頭へ