小浦海岸をめざして! 御宿、爽快サイクリングの旅

月の沙漠で有名な御宿を爽快サイクリング♪ NEWフォトスポットから秘境の絶景まで! 1日で御宿をまるごと楽しめるルートをご紹介!

御宿はB.B.BASEで行くことができる勝浦駅の隣駅なので、B.B.BASEを使えば勝浦下車で手軽に愛車とともに、御宿を楽しむことができます!

B.B.BASEの詳しい情報はこちら

旅のはじまりは御宿駅。 特急も停車し、土日祝日を中心に新宿から直通の特急列車「新宿わかしお号」も運転されており、アクセスはとても便利♪

御宿駅

駅に降りると、駅舎から御宿ムードが漂っています。月の沙漠の雰囲気でステキ♪御宿到着記念に、記念写真をぜひ!

御宿駅前にある観光案内所でレンタサイクルを借りましょう!とっても気さくなスタッフさんが迎えてくれます。御宿の旬な情報も教えてもらいましょう!

レンタサイクルは電動アシスト付き!手軽に爽快サイクリングが楽しめます。

詳しい利用方法はこちら

レンタサイクルも魅力的ですが、今回は自分の自転車で御宿巡りのサイクリングへ、レッツゴー!

御宿のNEWフォトスポット巡り

まず訪れたいのはこちら!御宿漁港のすぐ近くに「月夜見神社」という神社があります。なんともロマンチックな名前ですがこちら、フォトスポットとしても、とても素晴らしいのです!

参道の入り口は木々に覆われており、階段だけが伸びる。おとぎ話の入り口のようなロケーション。

本殿までは参道を登ります。

小さな山の山頂に本殿があります。

本殿から階段を見下ろすと、緑のトンネル。旅の安全を祈願し、愛車との記念写真をぜひ。

ヤシの木もある海沿いの道を行きます。南国ムードたっぷりの景観をサイクリング。自然とペダルを漕ぐスピードも速まります。

御宿といえばココ!外せない「月の沙漠記念公園」です。 童謡「月の沙漠」のモチーフになった御宿海岸。歌中に登場するラクダに乗った王子と姫の像が迎えてくれます。

月の沙漠、「砂漠」ではなく「沙漠」というふうに、さんずいの「沙」が使われているのは、モチーフになった海岸の砂がみずみずしかったから、と言われています。

砂浜へ続く道の途中で。

ラクダ像の前で記念写真を。

ここで、愛車の記念写真を撮る際のポイントをひとつご紹介します! それは自転車の向き。愛車と旅して記念写真を撮るときはぜひ思い出してみてください。

自転車を左向きに配置すると、その場所へ「到着した感」が高まります。
逆に右向きに配置すると、「出発する感」が高まります。

実は月の砂漠のすぐ近くには見つけると幸せが訪れるハートの石畳があるんです!

どこにあるのかというと、ヒントはこちら!この景色が見える場所を探してみてください。写真と同じ景色の場所に立ったら足元を見てみてください。ハートの石畳を見つけたらしっかり記念写真を撮りましょう!

ハート型の石畳を見つけて幸せの恩恵に預かったら、さあ小浦海岸を目指しましょう!
爽やかな景色が広がる海岸線から、緑豊かな道をサイクリング♪

絶景、小浦海岸へ

小浦海岸への入口    

おんじゅくトレイルのコースにもなっており、案内板が立っています。

ではいよいよ・・・小浦海岸へ!
この道をズイズイ進んでいくと・・・

目の前にダイナミックな光景が! 近づいていくと、それは素掘りのトンネル。

トンネルを抜けてさらに進むと・・・
海岸に出ることができました!小浦海岸です。

岩に大きな穴が空いていて、そこに見える海の景色は秘境の絶景!

その岩穴、実は2つあるんです! もう一方もこんな絶景を望むことができます。

ちなみに、夕方に近づくと岩穴に夕日が差し込んで、こんな幻想的なシーンも。

絶景の小浦海岸を後に、次なる目的地へ。サイクリングで体を動かすと・・・お腹が空きますよね♪

全身に染み渡るスタミナ料理&絶品スイーツ

まずご紹介するのはこちら。ハワイアンに包まれたステキな空間「Hula-Hana」さん♪漢字で書くと風楽晴夏・・・なんとも素敵。

店内はハワイアンテイストでとても素敵な空間。

メニューもハワイアン♪何にしようか迷ってしまいます。

スイーツもありますよ〜!こちらはダブルサイズ。

家族のように接してくれる気さくなご夫婦。
「今ではお父さんが一番上手にパンを焼くんです。」とお母さん。

詳しくはこちら

つづいてのお店はこちら。「はらどけい」さんです♪お店のある御宿台は海から約1キロ、海風の届く爽やかな高台にある、素敵なご夫婦が迎えてくれるお店です。

白を基調とした清潔感と落ち着きのある、和やかな空間です♪

いすみ豚を使ったポークジンジャー。驚くほど柔らかいお肉で、油もさっぱりしていて栄養満点!体を動かした後なので、ご飯がすすみます!

こちらはエビドリア。あつあつで、エビがこれまた驚くほどプリップリ! 絶品です。

食べ終わるころにはお店の雰囲気と、おふたりの笑顔に安心してしまって、帰りたくなくなってしまいます。

詳しくはこちら

自転車があれば隅々まで巡ることができる御宿。しかしぜひ訪ねたいスポットや、寄り道したくなっちゃう景色がとても多い!まだまだここにいたい・・・そんな気持ちを「また来るもん!」と 自分に言い聞かせて駅へ戻ります。

たくさんの出会い、美しい景色、五感で楽しんだ1日を振り返ると御宿を離れるのが寂しくなってしまいます。
「大好きになった御宿、絶対にまた来るね!」 御宿の大自然と、あたたかい触れ合いから、明日からのエネルギーをもらうことができました♪

modal 1
modal 2

modal 2