冬のマザー牧場のお楽しみ♪ きらめくイルミと食べ放題で心も体もほっこり
※この旅行商品は終了しています

千葉随一の観光牧場であるマザー牧場で、イルミネーションイベントをやっているって知ってました?

しかも6回目となる今季は、会場を山の上に移して過去最大規模にスケールアップしたとのウワサ。せっかく牧場に行くなら、夜だけじゃなく昼間も楽しみたいな。そこで、昼過ぎから過ごせて食べ放題もセットになったお得なツアー「JRで行く マザー牧場イルミネーション キラキラファーム」を体験してきました。

もふもふの動物たちと大接近&ふれあいにキュン♪

東京駅から快速列車に乗って約1時間半のJR君津駅へ。駅に着くと、マザー牧場への直通バスが出てるからラクチン。12時40分発以降のバスを利用できるツアーなので、最速で13時15分にはマザー牧場へ着きますよ。

麓にある「まきばゲート」から入場
牧歌的な雰囲気でのんびり

場内は、標高約300mのなだらかな斜面に位置し、東京ドーム53個分の広さ。房総の山々を一望できて気持ちいい! 効率よく過ごすべく、ガイドマップとにらめっこして、麓から徐々に山の上へと巡ることに。

まずはゲートから一番近い「うしの牧場」で、乳牛の手しぼり体験。大らかな牛さんのおっぱいにふれると、柔らかくて温かくてドキドキ。きゅっと搾ると勢いよくミルクが出てきて、以外と簡単です!

無料でできる乳搾り体験

お次は「ふれあい牧場」へ。ここには、羊やカピバラ、ミニブタ、うさぎから、珍しいマーラまで、8種類の動物たちがのびのびと自由に暮らしています。目の前をカピバラさんがトコトコ歩いたり、ヤギが橋の上を空中散歩していたり! 普通の動物園ではありえない大接近&愛らしい姿にテンション上がりまくり♪ エリアの名前の通り、ふれあいもOKだから、動物好きにはたまりません~

人なつっこい羊がお出迎え
カピバラ兄弟が仲良くお散歩
ヤギのバランス感覚はお見事

さらに山の上へ進むと、「アヒルの大行進」や「アグロドームショー」など無料のイベントや、エサやり体験スポットもあって、充実感大幅アップ。あっという間に時間が過ぎていきます。
ちなみに、この施設の名物アトラクションが、トラクタートレインに乗って、動物たちが暮らすまきばを巡る「マザーファームツアー」。1200円の有料オプションで楽しめる人気アトラクションだけど、今回は時間がなくて断念…。次回は絶対やってみたい!

アヒルがおしりをふりふり大行進
馬のエサやり300円
「マザーファームツアー」は来場後すぐの予約がおすすめ
もち豚も、ラム肉も! ホカホカせいろ蒸しを好きなだけ食べ尽くす

動物たちと遊びまくったら、すっかりお腹ペコペコに。少し早めの夕食を食べに訪れたのは、2017年7月にオープンしたばかりの「カフェ&ジンギスカン ファームダイナー」。ここでは、イルミネーション期間中16時以降はジンギスカンか名水もち豚のせいろ蒸しコースを事前に選べて、90分間食べ放題! 今回は、イルミ期間限定のもち豚をチョイスしました。

名水もち豚のせいろ蒸し。3種の薬味と3種のタレでいただきまーす

店内は客席が広くて、大きな窓に囲まれ開放的です。コンロが内蔵されたテーブルの上に、せいろが用意されていました。蓋を開けると、ホカホカの湯気をたててもち豚やもやし、色とりどりの野菜が出現! きゃーおいしそー♪

ここで一つ“うれしい誤算”がありました! 「名水もち豚のせいろ蒸し」と聞いていたのですが、実際は違っていました…。なんと、もち豚ロース肉、豚バラ肉以外に、牛もも肉、ラム肩ロース肉、ラム厚切り肉も食べ放題! 最初のせいろ蒸しセットを食べ終えたら、客席の周りのショーケースに並ぶ、7種類のお肉と6種類の野菜を自由に食べていいんですって。
さらにビュッフェ台には、ラム肉カレー、揚げ物各種(ポテトコロッケ、クリームコロッケ、メンチカツ、フライドポテト)、うどん、牛肉スープ、一口サイズのデザート、ソフトドリンクバーまで!

新鮮なお肉がずらり!何度お代わりしてもOK
カボチャ、ピーマン、ニンジンなど野菜もたっぷり

はやる気持ちを抑えつつ、まずはもち豚をパクリ。キメ細かな肉質で、脂が甘~い。南房総の養豚場でストレスフリーで育てられたお肉だから、おいしさは格別です。ポン酢、ピリ辛、ゴマの3種のタレで味変すれば、エンドレスで食べられちゃう♪
完食したら、お代わりへGO! ラム肉は柔らかくて独特の風味がたまりません。牛肉は脂の少ないヘルシーな赤身で、旨みが凝縮。色んな種類を少しずつ味わえるのがうれしい限り。

合間には、箸休め(?)にビュッフェ料理をいただきま~す。湯がいて温かなうどんやサクサクのフライ、そしてラムの風味が溶け出したカレーは、スパイスが効いてて本格的。デザートのシュークリームやムースはプチサイズだから、もちろん全種制覇! 今日だけはダイエットをお休みしよっと。

常時揚げたてを補充
一口サイズのうどんはコシがしっかり
種類豊富なメニューで飽きない
“星座”にまつわる、ファンタジックなイルミに感動!

お腹いっぱいになって大満足♪ 外に出ると、すっかり日が暮れていました。いよいよこのツアーのメインであるイルミネーション、「キラキラファーム」鑑賞へ! 

昨年までは麓のエリアで開催していたそうですが、今シーズンは山の上の会場で、敷地面積も約1.6倍に拡大。電球も42万球から55万球へと大幅アップしたそうで、期待が高まります。

薄暮の中、イルミが瞬き始めてワクワク

まずはファームダイナーに隣接する「バンジータワー見晴台」へ。昼間はバンジージャンプを行っていますが、夜は展望台になり、牧場にちなんだ「ある星座の地上絵」が浮かび上がってくるそうです。高さ21mまで登ると……、眼下にはカラフルな光のヤギがお目見え! 宇宙の中を優雅に泳いでいるような全貌が広がり、美しいです。

バンジータワーは17時~19時15分、300円
地上絵の奥には遊園地エリアのライトアップを見渡せる

タワーから降りて、地上絵の中の通路を歩きます。上から見下ろすのとはまた違い、目の高さに連なる色とりどりの光が、まさに“イルミのゆうえんち”のようで心弾みます。通路の奥に、東京湾を望む「キラキラベンチ」を発見! カップルが自然に寄り添えるよう、シートが中央に向かって斜めになっているという、ニクい演出がされてるんですね~。撮影台もあるから、自撮りインスタポイントとしておすすめ!

地上絵を下から楽しむ。バンジー台も美しくライトアップ
ハート型イルミが輝くカップルシート

場内を移動して、次のイルミポイント「光のトンネル&虹色ワープホール」へやってきました。光に導かれるようにトンネルの中に足を踏み入れると、キラキラの輝きに包まれてうっとり夢心地に。さらにワープホールは、足元まで360度が光空間。まさに銀河系へとワープしたような、不思議な感覚を味わえますよ。

宝石のようにロマンティックな光のトンネル
異次元にトリップした気分になれるワープホール

移動の途中には、牛のオブジェやトラクターもライトアップされ、牧場のイルミネーションならでは♪ かわいくってフォトジェニックで、気分が盛り上がります。

そしてクライマックスは、「キラキラファーム」のメインエリアへ。広大な草原一面に散りばめられたブルーの輝きが、視界いっぱいに広がり圧倒されます。

星屑のように幻想的なブルーの光が、音楽に合わせてリズミカルに躍る!

ここでは、“音と光のイルミネーションショー”を15分間隔で開催。アップテンポのものからしっとりした曲調まで、全3曲の音楽が流れ、牧場の動物と星座にちなんだ物語が展開されます。音とナレーションに合わせて、光の渦が波のように点滅したり、色を変えたり。心温まるストーリーと、華やかでダイナミックな演出は、感動的!

しっとりとした音楽に変わると、
イルミの色もゴールドや赤に変化

少し離れて全体を見てもいいですし、通路を散策しながら間近で楽しむのもありです。ショーの合間には、イルミの中央にある球体で、「キラキラ占い」ができるのでぜひ試してみて。スイッチを押すと、シャボン玉が吹き出して、いろんな“お告げ”をしてくれますよ。さらに「ナイト遊園地」も営業しているので、観覧車に乗ってイルミを上から見下ろすのも楽しい!

イルミの海を散策
不思議なスイッチを押すと、楽しい仕掛けが…
観覧車に乗って上から鑑賞。300円

ロマンティックな余韻に浸りつつ、名残惜しくも最終バスの時間がやってきました。イルミ会場に近い「山の上ゲート」から18:30発のバスにのりJR君津駅へ戻ります。牧場ならではの心温まるエンタメ体験は、新春の幕開けを彩るステキな思い出になりました♪ 次は大切な人を連れて来たいな。

modal 1
modal 2

modal 2