成田ゆめ牧場・大人が子どもに戻れるツアー 遊んで食べて、動物と触れ合って
※この旅行商品は終了しています

房総観光キャンペーン特別企画の人気プラン、「家族でワイワイいちご狩りと絶品ランチで楽しもう!成田ゆめ牧場でいちご狩り」では、旬の味が楽しめるいちご狩りをはじめ、自慢の牧場グルメやかわいい動物たちの触れ合い、アウトドアでのさまざまなアトラクションを満喫することができます。

それでは遊んで食べて、盛りだくさんの体験レポートをはじめましょう。

JR滑河駅から送迎バスで行けるのでラクラク!

東京方面からJR成田線に乗り、左右に広がる田園風景を楽しんでいるうちにJR滑河駅に到着。駅の改札はひとつしかないので、出口に迷うことはありません。バスに揺られること約10分で成田ゆめ牧場に到着です。

場内に入る前に、今回お訪ねした「成田ゆめ牧場」について少しご紹介しましょう。東京ドーム7個分という広大な敷地面積を誇る「成田ゆめ牧場」は、牛やヤギ、ヒツジなどの放牧場をはじめ、アーチェリーや乗馬などのアトラクション、動物たちとのふれあい体験、味覚狩りなど多彩なイベントが満載で、一日たっぷり遊べるアミューズメント施設です。

今回のこのプランはまさにこの施設の楽しさ&おいしさをギュッと凝縮したような内容。いちご狩り、牧場グルメ「選べるランチ」(予約時にバーベキューかチーズフォレストをチョイス)、選べる牧場の味覚2品付き(牧場自家製のジェラート、ソフトクリーム、チーズケーキ(カット)、ヨーグルト、牛乳の中から当日に2品チョイス)、動物のえさやり券1枚、選べる施設利用券1枚付き(アーチェリー、パターゴルフ、ファンシーサイクル、釣り堀、トロッコ列車、トラクター遊覧、モトクロス自転車、乗馬、ポニーの中から1つチョイス)と超豪華! それではさっそく行ってみましょう。

空気がおいしい!自然たっぷりの牧場内を散策開始

最初にエントランスに向かって左手にある、チケット売場に向かいます。ここで牧場ガイドやその日に開催されるイベントのプログラム、いちご狩りとランチのチケット、お土産引き換え券などを受け取ります。

左手にあるチケット売り場でチケットやマップを受け取ります
受付のスタッフが丁寧に説明をしてくれるので安心
エントランスを入ってすぐ右にあるメリーズと牧場創菓momom

エントランスを入るとお菓子・パン・乳製品からぬいぐるみや文房具までそろう「メリーズショップ」をはじめ、ゆめ牧場で作られたパンやスイーツが楽しめる「牧場創菓momom」や、スイーツの「ミルキーハウス」などのショップやレストランが軒を連ねます。“選べる牧場の味覚”や“ハンドクリームの割引券”はこのエリアで使えるので最初に場所をチェックしておくと後で迷いませんよ。

かわいい動物たちに間近で会える!エサやりを初体験

いよいよ牧場が見えてきました。

「広~~~い!」と思わず叫んでしまうほど開放的で遠くまで見渡せます。何度も深呼吸をしたくなるくらい空気がおいしい!歩きはじめてすぐに見えてきたのは、子どもたちが豪快に滑って遊ぶ「芝すべり」。ひたすら滑って上まで歩いて上がり、また滑る…。この繰りかえしだけなのに、みんな夢中です!親子で滑るのももちろんOK。ソリの裏側にオイルをぬるとスピードアップするんですって。そしてすぐ近くには優雅に草を食べる牛たちの姿。ただのんびりしている姿を見ているだけでこんなに癒やされるとは……。ここでは乳搾り体験ができるので、ぜひチャレンジを!

子どもたちが何度もリピートする芝すべり
体をなでても大丈夫。とっても人慣れしている牛たち
乳搾り体験ができるのは11:30と14:30の2回

牧場内を歩いていると「アヒルのレースはじまりま~す」という声が。急いで向かってみると“よ~いどん”の合図で飛び出した6羽のアヒルたちの後ろをちびっこたちが鈴をふりふり追いかけてゴールさせるというレースがスタートしました。自由奔放に走り回るアヒルたちに子どもも大人も翻弄されていました。

無料で参加できるアヒルのレース。土日祝11:00と14:00 平日14:00
ゴール直前まで来て、いきなりスタート地点に向かって走り出すアヒルも

アヒルのレースを楽しんだ後は、動物たちと触れ合える「ふれんZOO広場」へ。ここでは、ヤギやヒツジたちにエサをあげたり、直接さわって遊ぶこともできます。広場の中には地上2.5m、ゆめ牧場名物という「やぎ橋」があり、ヤギたちが登っていくことがあります。登るか登らないかはその日のヤギの気分次第とか……広場に行ったらチェックしてみてください。

一頭一頭名前がついている動物たち。ハッと気がつくと足下にヒツジがいることも
名物のヤギ橋。下から見上げるといつもと違うヤギの写真が撮れるかも

とても人慣れしている動物たちは、広場の中に人が入ってもまったく意に介さず、のんびりしたものです。ただ、エサを持って中に入ると大変!一瞬にして動物たちの目の色が変わり、その人めがけて数十頭の動物たちが走り寄り、取り囲みます。それはちょっと怖い!という人は柵の外からエサをあげれば大丈夫!

広場の中でエサをあげるとあっという間に取り囲まれて大変なことに
広場前でエサを売っているので、もっとあげたいという人はこちらで
牧場内に点在している手洗い場。人も動物も清潔第一
いよいよアトラクションにチャレンジ

地図を広げて牧場内を歩きながら、「選べる施設」のアトラクションに向かいます。今回はびゅう商品のプランを体験レポートということで特別にプランすべてを一気にチャレンジ!

最初に向かったのは、初心者でも楽しめる「アーチェリー」。1回につき矢は10本で、的までの距離は3段階。遠い方の的の真ん中に当たればアイスの引き換え券がもらえます。なかなか当たらないもんだわ~!とあきらめて、次の「モトクロス自転車」へ。初心者向けの草地を爽快に駆け抜けます。アップダウンも少しあるので、スリルを満喫できるかも。自転車は大人用・子ども用ともに用意されています。乗るときはしっかりヘルメットも忘れずに。

一番近いところから腕試しをして感覚をつかむのがおすすめ
見た目より乗っているときの方がアップダウンを肌で感じるかも

続いて向かったのは「パターゴルフ」。生まれてこのかた、ゴルフ未経験の私がパターゴルフを初体験。ここは全9ホールのこぢんまりしたコースで、友だち同士や親子でポイントを競いあうのにぴったり。ゴルフのルールを知らなくても十分楽しめます。

そろそろ休憩モードのアトラクションはないかと探していたら、すぐそばに「釣り堀」が。こちらは制限時間30分。持ち上がらないくらい大きなコイが釣れることもあるそうです。風の音だけが聞こえ、リラックスできる場所でした。

自然の起伏を生かしたパターゴルフ場
釣り堀のまわりにイス席があるので、ゆっくり過ごせます

釣り堀の目の前にあるのは「ファンシーサイクル」。これは変形自転車でできるサイクリングで利用時間は15分。同じ自転車で2周したらほかの自転車にチェンジ!ひとり乗りより、タンデムで変わった形の自転車に乗る方が盛り上がりそう。

乗り物つながりで次に向かったのは乗馬&ポニー。スタッフが馬やポニーをひいて馬場を1周してくれます。ぐっと目線が高くなるので、見える景色がまったく違って新鮮。馬と一緒に記念撮影もできますよ。

親子でなかよくサイクリング。スピード出しすぎ注意です
大人しい馬たち。カメラを向けるとポーズをとってくれます

牧場内を歩いていて気になったのが「トラクター遊覧」。大きなトラクターワゴンに乗って、牧場周遊の旅にでることができます。乗車時間は約15分。幌付きなので、日差しも気になりません。そして最後に向かったのは、「トロッコ列車」。ゆめ牧場のお花畑を一周するトロッコ列車で、昔は炭鉱で走っていた本物だそう!乗車時間は約5分。この日は寒咲き菜の花が満開で本当に美しかった~!

アトラクションはこれ以外にも無料で遊べる「アスレチック」や、「セグウェイ」「ターゲットディスク」(ともに有料)などがあります。まだまだ遊べるぞ!という人は牧場内にあるチケット売場でチケットを購入しましょう。

牧場内のアップダウンをもろともせずに走るトラックワゴン
春は菜の花、夏はひまわりが咲き誇る花畑の周りを走るレトロなトロッコ列車
もし荒天でアトラクションができなかった場合もがっかりしないで。うれしいクッキーのプレゼントが!(1人1袋)
アトラクションを満喫したあとは、お楽しみのランチへ

このプランで楽しめる、びゅうオリジナルランチは「バーベキューコース」と「チーズフォレストコース」のいずれか。今回も特別に2つのコースをお味見してみました。まず向かったのはバーベキューハウス。「バーベキューコース」のメインのお肉はもちろん国産牛! 特注のコンロと鉄板で本格的なバーベキューが楽しめます。席について注文をしたら、ベルを渡されます。ベルがなったら食材を取りに行くセルフサービスのスタイル。バーベキューの食材はお肉のほかに、キャベツ、ニンジン、タマネギ、かぼちゃ。ごはんと牛すじからとった出汁で作った自家製のオニオンスープも付いています。お肉と野菜が焼ける間はスープを飲んで小休止。タマネギの自然の甘さが口いっぱいに広がって美味しい!

お肉も焼けてきたところで、タレをつけていただきます。醤油ベースでさっぱり。味が物足りないかな、という人はテーブルの塩こしょうで調整しましょう。

トレイに乗せて食材を運べば準備OK。写真は2人前です
外にはテラス席もあります

もうひとつおすすめの「チーズフォレストコース」を堪能しに「チーズフォレスト」へ。こちらはチーズ工房で作られたフレッシュチーズ「モッツァレラ」を使ったチーズ料理専門のレストランです。メインはフレンチ出身のシェフが作る本格的なチーズフォンデュ。モッツァレラチーズをはじめ、ソーセージ、ベーコン、エビ、サツマイモ、プチトマト、ブロッコリー、フランスパンに濃厚なチーズをたっぷりつけて楽しみます。ほかに、ポタージュスープとドリンク付き。外にはサンルーフテラス席もあるので、お天気のいい日はこちらで。

トロトロに溶けたチーズをパンや野菜にたっぷりつけて
チーズフォレストのセット。写真は2人前
ランチのシメはスイーツ!メインイベントの「いちご狩り」へ

牧場内にある「ストロベリーファーム」でいちご狩りができます。大きなビニールハウスの中の気温は27~30度。こちらでいちご摘みができるのは、大粒でジューシーな「とちおとめ」と、細長い形で酸味が少なめの「章姫」の2種類。最初にスタッフが摘み方や美味しいいちごの見分け方などを指南してくれます。「いちごは先の方が甘いので、へたの方から食べ始めると最後にしっかり甘みを感じられます。まずは何もつけずにそのまま食べて…。練乳をつけるのは口直しに…というのがおすすめです」とスタッフの方が説明してくださいました。時間は20分の食べ放題。お持ち帰りはできないので、時間内に思いっきりいただきます。

ハウス内を巡回するスタッフにおすすめのいちごを聞くのもいいかも
先に「章姫」を食べて後に「とちおとめ」を食べた方が甘みを感じやすいそう
おいしい「選べるスイーツ」もお忘れなく

入場する際にもらう「選べるスイーツ」チケットで牧場自家製のジェラート、ソフトクリーム、チーズケーキ(カット)、ヨーグルト、牛乳の中から2品が味わえます。牧場内を歩き疲れたときやランチのあとに立ち寄りましょう。ちなみにソフトクリームはミルクのみ、アイスクリームはミルク、抹茶、かぼちゃなど時期により変わる数種類の中から選べます。

チケットが使えるのは「ミルキーハウス」と「牧場momom」の2か所です。

右上から時計回りに牛乳小瓶、チーズケーキ(カット)、ヨーグルト
左はソフトクリーム、右はアイスクリームのかぼちゃ味

同様に受付時にもらえる「成田ゆめ牧場特製のハンドクリーム100円割引券」でお買い物をするのもおすすめ。ゆめ牧場の牛乳を使った「ゆめ牧場の手袋」は、無添加のハンドクリームは、自分用はもちろん、プレゼントにもぴったりです。

たっぷり遊んで食べて、買って!牧場の1日を満喫できました!

メリーズショップで買えるハンドクリーム「ゆめ牧場の手袋」
s
modal 1
modal 2

modal 2