不正利用等によるカード再発行に必要なお手続き(カード番号にご変更がある場合) イメージ

不正利用等によるカード再発行に必要なお手続き(カード番号にご変更がある場合)

定期券をご利用中の場合、不正利用等によるカード再発行にあたって以下のお手続きが必要となります。

お手続きの流れ

Suica機能の停止

SuicaまたはPASMOの取扱いのある駅にお手元のクレジットカードをお持ちいただき、有人改札またはみどりの窓口の駅係員に、「障害でのSuica機能の停止」「Suica利用停止通知書」を受取り希望である旨をお申し付けいただき、カードをお渡しください。
Suicaの停止処理が完了しましたら、駅員より ①カード ②「Suica利用停止通知書」の2点を必ずお受け取りください。定期券情報を移行する際に必要となります。

  • 2のお手続きが完了するまでは、有人改札にて、カードの裏面の定期券部分と「Suica利用停止通知書」を駅係員に提示いただき、ご利用くださいますようお願いいたします。
  • ※連絡定期券で、他社線の改札もご利用いただいているお客さまは、他社線の有人改札についても同様にご利用ください。
  • ※もし、他社線の駅係員に止められた場合、JRの運用である旨をお伝えください。
  • ※万が一「駅係員が手続き方法などがわからない」などの状況がございましたら、大変恐れ入りますが「ビューカードへ連絡し、確認をするように」お伝えくださいますようお願いいたします。

必ずお受け取りください!
【Suica利用停止通知書イメージ】

Suica利用停止通知書イメージ

「鉄道定期券再交付申請票」が郵送で到着

お電話にてカードを停止いたしました日より約3営業日後(土日祝を除く)に、弊社よりお客さまの定期券情報の内容を反映した「鉄道定期券再交付申請票」を送付させていただきます。

【鉄道定期券再交付申請票イメージ】

鉄道定期券再交付申請票イメージ

ページの先頭へ

必要書類をJR東日本のみどりの窓口に提出

必要書類下記3点をJR東日本のみどりの窓口にお持ちください。

  • Suica利用停止通知書(1で発行)
  • 鉄道定期券再交付申請票(2で発行)
  • お手持ちのカード

JR東日本の駅のみどりの窓口で、お手持ちのカードの定期券情報を、「磁気定期券」で再発行いたします。

※改札窓口・私鉄の駅での再発行はできません。

【Suica利用停止通知書イメージ】

Suica利用停止通知書イメージ

【鉄道定期券再交付申請票イメージ】

鉄道定期券再交付申請票イメージ

【お手持ちのカード】

再発行されるカード

Suica停止から約10日前後で、新しいカードをお客さまのお手元にお届け

ヤマトセキュリティパッケージにてお届けいたします。

※新しいカードには、Suica機能停止時のチャージ残額が引継されております。

ページの先頭へ

定期券情報を移し替え

新しいカードをお受け取り後、JR東日本の駅の多機能券売機(黒色の券売機)にて、磁気定期券(3で発行)から新しいカードへ定期券情報を移し替えしてください。

多機能券売機の操作手順

多機能券売機 画像

多機能券売機で定期券を移し替えると、その情報が挿入したビューカードの裏面に直接印字されます。

Suica定期券・磁気定期券からの移し替えとその情報の書き込みについて詳しくはこちら

印刷する


  1. 多機能券売機の操作手順 画像

    「定期券」を選択してください。


  2. 多機能券売機の操作手順 画像

    「発行替え」を選択してください。


  3. 多機能券売機の操作手順 画像

    「磁気定期券からSuica付ビューカード、Suica付学生証等へ発行替え」を選択し、ご使用中の磁気定期券、ビューカードの順に挿入してください。


  4. 多機能券売機の操作手順 画像

    磁気定期券の内容が、ビューカードに書き移されます。

    ※お持ちの磁気定期券は、定期券情報をビューカードに引き継いだうえで回収されます。

※誤って新しいカードのSuica残額をエキナカATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)で払戻し操作を行ってしまいますと、多機能券売機での定期券情報の移し替えはできませんのでご注意ください。

お問い合わせ

その他、お手続きにあたり、ご不明な点等ございましたら、下記連絡先までご連絡ください。

ビューカードの不正利用等による
カード再発行に関するお問い合わせ先

ビューカードセキュリティデスク

営業時間: 9時30分~17時30分・年中無休

定期券機能のよくあるご質問はこちら

ページの先頭へ