「朱5号」と呼ばれるオレンジ系の色で、国鉄時代の気動車の多くがこの車体色で運転していました。
塗装を変更する車両は五能線を走る気動車29両のうち6両です。
キハ40− 522   平成15年 9月12日工場出場
キハ48− 505   平成15年10月24日工場出場
キハ48−1520   平成16年 1月20日工場出場
キハ40−2018   平成27年12月18日工場出場
キハ48− 544   平成27年12月26日工場出場
キハ40−1006   平成28年 1月26日工場出場