モバイルSuicaとは 安心・簡単・便利 利用開始までの流れ 利用方法 各種手続き

モバイルSuica トップ > モバイルSuicaとは > サービスのご案内


モバイルSuicaとは



サービスのご案内




モバイルSuicaは、カードタイプのSuicaと同じように駅の改札機にタッチ&ゴーで入出場できるだけではなく、1台の携帯情報端末でいろいろなことができるとても便利なサービスです。ここではモバイルSuicaを存分に活用していただくために、多様なサービスを一覧にまとめました。



ご利用可能な時間・エリアはこちら



サービス 概要
会員登録 モバイルSuicaはJR東日本の会員制サービスで、ご利用にあたっては会員登録が必要です。
SF(電子マネー) 入金(チャージ) モバイルSuicaは、いつでもどこでもチャージ可能。クレジットカードを登録していれば、SF(電子マネー)へのチャージは場所を選びません。
オートチャージ 自動改札にタッチして入場する際に、チャージ残額が一定金額以下のとき、あらかじめ設定した金額がクレジットカード決済で自動的にモバイルSuicaへ入金(チャージ)されます。
銀行チャージ 取扱対象となる銀行口座をお持ちで、モバイルバンキングのご契約手続きがお済みであれば、銀行口座からの直接チャージが可能です。
キャリア決済でチャージ EASYモバイルSuica会員、かつスマートフォンをご利用で、取扱対象となる携帯電話会社のキャリア決済サービスを利用可能であれば、いつでもどこでもチャージが可能です。
残額・履歴確認 SF(電子マネー)のご利用履歴や残額などの情報が、携帯情報端末の画面で簡単に確認できます。
履歴印字
(パソコンのみ)
SF(電子マネー)の利用履歴を、インターネットに接続したパソコンを使用してプリンタで印字できます。
定期券 購入 通勤定期券、通学定期券(大学生・専門学校生相当)、新幹線定期券(FREX・FREXパル)、グリーン定期券が購入できます。
区間や種類の変更 定期券(通勤定期券)のご利用途中で、転勤やお引越しなどで区間を変更する場合、Suicaご利用可能エリア内であれば、携帯情報端末からの操作だけで変更の手続きを済ませることができます。
払いもどし 定期券の払いもどしは、携帯情報端末からの操作だけで手続きを済ませることができます。
Suicaグリーン券 購入 普通列車のグリーン車を、Suicaグリーン券を購入して利用できます。また、モバイルSuicaで購入したSuicaグリーン券には、「モバイルグリーン料金」が適用されます。
払いもどし モバイルSuicaでご利用のSuicaグリーン券の払いもどしは、携帯情報端末の操作だけで手続きを済ませることができます。
モバイルSuica特急券(モバトク・スーパーモバトク) 予約・購入 携帯情報端末からお手軽に新幹線(東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線)の指定席や自由席を予約・購入できます。
利用 新幹線改札機はもちろん、在来線との乗り継ぎもタッチ&ゴー。
変更 出発前であれば、何度でも手数料なしで列車変更が可能です。
※スーパーモバトクは、変更が一切できません。
JR東海
「EX-ICサービス」
予約・購入 モバイルSuica会員で、かつJR東海のエクスプレス予約会員(年会費1,080円(税込))であれば、パソコンや携帯情報端末で東海道・山陽新幹線の指定席を予約・購入できます。
利用 新幹線改札機はもちろん、在来線との乗り継ぎもタッチ&ゴーでスムーズに利用できます。
ネット決済 ネットショッピングの決済手段として、モバイルSuicaのSF(電子マネー)が利用できます。
再発行手続き 携帯情報端末の紛失や故障によりモバイルSuicaを利用できなくなった場合も、再発行の手続きにより、定期券とSF(電子マネー)およびモバイルSuica特急券を再発行します。
携帯情報端末の機種変更手続き 携帯情報端末を機種変更する場合は、携帯電話ショップ等での機種変更手続きの前に、モバイルSuicaの機種変更手続きを行ってください。
退会手続き モバイルSuica会員から退会する場合は、携帯電話会社(電気通信事業者)との解約前に必ず退会手続きを行ってください。手続きは携帯情報端末からの操作で行うことができます。

ご注意




会員情報は正確なご登録をお願いいたします。会員情報が誤って登録されていると、各種サービスを利用できなくなる場合があります。なお、現在登録済の会員情報は、会員情報変更操作の中で確認できます。



Suicaパスワードは、モバイルSuicaを利用する上で、本人確認を行うための大切な情報です。他人に知られないよう、管理には十分ご注意ください。



携帯情報端末の電池残量には十分にご注意ください。万一、改札口を入場後、携帯情報端末の電池が切れ、改札機等での読み取りができなくなった場合、利用された区間の運賃(必要により料金)の全額を現金でお支払いいただくことになります。



携帯情報端末の電波状態により、Suicaご利用可能エリア内であっても、入金(チャージ)や定期券・Suicaグリーン券・モバイルSuica特急券の購入など、携帯情報端末の通信を伴うサービスを利用できない場合があります。






ページの先頭へ


本文へ戻る
JR東日本トップ各種お問い合わせJR東日本ウェブサイトのご利用にあたってサイトマップ
このページのトップへ戻る
Copyright © East Japan Railway Company